« 自家製!チャプチェ丼 | トップページ | オススメ!映画紹介『大いなる陰謀』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『王妃の紋章』鑑賞

Ouhinomonsho北京オリンピックの開会式・閉会式の総合演出を手掛ける巨匠チャン・イーモウ監督の新作です。

中国史上、最も栄華を極めた唐王朝後の時代。繁栄を祈る祝祭である重陽節に、王宮に王家の人々が一堂に会する。
絶対の権力を握る王、気品あふれる王妃、真面目で心優しい皇太子、父に武力を見込まれたたくましい第二王子、そしてまだあどけなさの残る第三王子。
その華々しい雰囲気とは裏腹に、王と王妃の仲はすでに冷えきっており、王妃は継子である皇太子と関係を持っていた。

『HERO』とか『LOVERS』の世界を期待していくと、少し違和感があるかもしれませんね。

でも、映像美という点では流石だなぁ、と思いました。

今回のテーマ・カラーは、ゴールド。徹底的に黄金しています。

そこに中国っぽい赤とか、菊の花の黄色が印象的に入り込み、影を示すように黒い人たちが動きます。

そして、人、人、人。

宮廷を守る近衛兵と、王妃のために立ち上がった反乱軍の戦い。
そして、その後に宴を再開するために修復する非軍隊の役人たち。
ここには一体どれだけの人間がいるのだろう、とか、物語に関係ないことを考えてしまいました。

王家の中で、毒を盛ったり、不倫したり、暗殺があったり、謀反が起きても、変わらずに刻を告げる行列というのも印象的でした。

出演者の中では、やはりコン・リーが圧倒的な美しさを魅せてくれます。
胸、強調しすぎですが、簪から付け爪までゴールドの衣装にも負けていません。

歌手ジェイ・チョウの勇敢な次男は、意外にイケてました。
チョウ・ユンファの屈折した国王の演技も、これまでの役柄では想像できないので、面白かった。

継母の后と不倫関係になる皇太子を演じたリゥ・イェは、『PROMISE』でも王族ながら能力に欠けるため悪に落ちた男を演じているので、正直もったいないかなぁ、と思ったのですが、悲劇的な運命を背負った王子を繊細に演じています。

宮廷内の愛憎絡んだ心理戦という感じだったので、『LOVERS』のような伝奇任侠路線の方が個人的には好きだったかな・・・。

新宿武蔵野館スクリーン3という小さな劇場なので、週末は常に立ち見客が出ています。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 自家製!チャプチェ丼 | トップページ | オススメ!映画紹介『大いなる陰謀』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/20406257

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『王妃の紋章』鑑賞:

» チョウ・ユンファ(周潤發)の「男たちの挽歌」続編を英語版で製作。なかなか楽しみだ [セレブニュースブログ]
聯合報が伝えたところによると、1992年のヒット作「ハードボイルド/新・男たちの挽歌」の続編製作プロジェクトがスタート。チョウ・ユンファ(周潤發)と、映画「レッドクリフ」の降板をめぐり紛糾が伝えられた名プロデューサー、テレンス・チャン(張家振)氏が再びタッグを組むという。続編製作については、このほどチャン氏自身が明らかにした。映画「トゥームレイダー」のサイモン・ウェスト監督を迎え、全編英語作品にな�... [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 13時59分

« 自家製!チャプチェ丼 | トップページ | オススメ!映画紹介『大いなる陰謀』鑑賞 »