« 愛読書!『千日紅の恋人/帚木蓬生』 | トップページ | 韓流シネフェス2008春<7>『覆面ダルホ』鑑賞 »

韓流シネフェス2008春<6>『最高ロマンス』鑑賞

Romance最近、助演で気になる存在だった、個性的な話し方が印象的なタレントのヒョンヨンが主演のコメディ。

射撃と武術の腕前はピカイチの優秀な刑事カン・ジェヒョクは、唯一、先端恐怖症という弱点があった。
ある日、犯人を追跡中に屋台のオデンを食べていた女性記者チェ・スジンに激突し、彼女が持っていたオデンの串がジェヒョクの脇腹に刺さってしまう。その上、この事故が記事になり、ジェヒョクは大恥をかくことになってしまう。
芸能部から社会部に転属になったスジンは、強力班の刑事たちの活躍を追う密着取材を担当することになり、上層部の指示でジェヒョクと行動を共にすることになる。

韓国映画らしいロマンティック・コメディですね。
最悪な状況で出逢い、反目し合ってした男女が、いくつかの偶然で行動を共にしていく内に惹かれ合うという王道を言っています。

完璧なのにナイフに失神してしまう刑事を演じるイ・ドンウクも、元学生運動の志士(?)だったトラブル・メイカーの新聞記者を演じるヒョンヨンも、個性を活かした演技を見せていて、楽しかったです。

新聞社の社長令嬢で、スジンの先輩女性記者のキレっぷりも笑えます。

でも、それだけだったような・・・。

理屈抜きに楽しみたい人向け、かなぁ・・・。

(満足度:★★★、オススメ度:★★★)

|

« 愛読書!『千日紅の恋人/帚木蓬生』 | トップページ | 韓流シネフェス2008春<7>『覆面ダルホ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/20189679

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流シネフェス2008春<6>『最高ロマンス』鑑賞 :

« 愛読書!『千日紅の恋人/帚木蓬生』 | トップページ | 韓流シネフェス2008春<7>『覆面ダルホ』鑑賞 »