« オススメ!映画紹介『大いなる陰謀』鑑賞 | トップページ | 韓流シネフェス2008春<10>『暴力サークル』鑑賞 »

韓流シネフェス2008春<9>『ハーブ』鑑賞

Herb

なかなかの掘り出し物に出逢った感じです。

チャ・サンウン、20歳。美人で、お人よしで、折り紙のずば抜けた才能の持ち主であり、愛する家族と友達に囲まれている。
しかし、彼女の知能は永遠に7歳のまま。
お姫様の出てくる童話が大好きなサンウンは、いつか王子様に出会うことを夢みている。
ある日、交通安全マスコットの着ぐるみの中から、まばゆい笑顔で登場した交通警官のジョンボムに会ってから、彼が自分の王子様だと確信する。そして、ジョンボムも彼女が嫌いではないようである。初めて感じるドキドキする気持ちに、幸せを感じていた。
しかし、近所のおばさんと病院に行ってきた母親は、なぜか泣きながら、荷造りを始めるのだった。

うん、カン・ヘジョン、上手いなぁ。

知恵遅れの少女は『トンマッコル』でも演じてはいるけど、あの時はおとぎ話に出てくる妖精のような役回りだったし、全く異なる演技を見せてくれます。

普段の役と表情が全然違うもんなぁ。

引き込まれてしまいました。

前半はチョン・ギョンホ演じる、心優しい警官との初恋がほのぼのと描かれていきますが、後半は障害者の自立といったことがテーマとなり、笑いから泣きに一気に変化していきます。
かなり感動して、ウルッと来ました。

しかし、前半にあそこまで健常者と障害者の恋を描きながら、最後の答えは曖昧というか、棚上げというか、出し切っていないというか・・・。

そこだけ、残念でした。
難しいテーマなんですけどね。

機会があれば、観て損はない作品と思います。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『大いなる陰謀』鑑賞 | トップページ | 韓流シネフェス2008春<10>『暴力サークル』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/20422486

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流シネフェス2008春<9>『ハーブ』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『大いなる陰謀』鑑賞 | トップページ | 韓流シネフェス2008春<10>『暴力サークル』鑑賞 »