« 『明日への遺言』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 新大久保【明洞のり巻き】 »

『ガチ☆ボーイ』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Gachiboy何となく『サマータイムマシーンブルース』に似たノリのする作品だな、と思ったら、劇団は違えど、舞台作品の映画化だそうですね。

事故で頭を打って以来、眠るとその日あったことを全て忘れてしまう「高次脳機能障害」を負った五十嵐。
事故に逢う直前に学園祭で観た【学生プロレス】の記憶が楽しかったことから、その世界に飛び込むが、魅せることが主体のショートしての演出で楽しませる【学生プロレス】特有の「段取り」を覚えられない五十嵐は、常にガチンコ勝負の試合で注目を集める存在になっていく。

青春していますね。

小泉監督の前作『タイヨウのうた』は、日の光を浴びると発作を起こす難病の少女が音楽を通して生きる証を刻んでいく、という香港映画のリメイクでした。

今回は記憶障害の青年がスポーツを通して生きていくという舞台のリメイクで、設定的に似ていなくもないのですが、【静】から【動】へ変わったことで、ギャグの要素も盛り込まれていて、何気なく笑わせてくれました。

主演の佐藤隆太君は決して格好良くないですけど、誰もが親近感を抱くルックスで、明るく、元気なイメージ。
今回も寝ると記憶が消えてしまうという難病に冒されながら、決して重く、暗くなることなく、最後まで引っ張ってくれます。

ダル夫人となったサエコは恋されて、恋する女の子をきちんと演じているし、向井理君も地味ではあるけどブレイクしそうなポジションに来ているのですかね。
注目の仲里依子ちゃんの初々しい演技も良かったですよ。

そして、素直になれない父親役の泉谷しげる氏が、ここでも滅茶苦茶イイ味出している。

クライマックスの吹き替え、CG一切なしのガチンコ勝負は、手に汗握る出来となっていました。

舞台が北海道の大学というのは、余り意味がなかったような気もしますが、みちのくプロレスの近くってことなんですかね?

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« 『明日への遺言』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 新大久保【明洞のり巻き】 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/10885718

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガチ☆ボーイ』鑑賞(オススメ映画を紹介します):

» サエコ キャバクラ アルバイト動画 [サエコ キャバクラ アルバイト動画]
サエコ キャバクラ アルバイト動画 某キャバクラCMにも出演 [続きを読む]

受信: 2008年3月30日 (日) 11時03分

« 『明日への遺言』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 新大久保【明洞のり巻き】 »