« 『L change the World』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『アドリブ・ナイト』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『チーム・バチスタの栄光』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Team1良い意味で「不親切な映画だな」と思いました。
まぁ、原作を読んでいたので、犯人を知っていたというところが、大きいのですが・・・。

成功率60%と難易度の高い心臓手術「バチスタ手術」を、26回連続で成功させていた東城大学病院第一外科。人は彼等を【チーム・バチスタの奇跡】、【栄光の7人】と呼んだ。
しかし、直近の手術では、3度続けて術中死が発生していた。
医院長から内部調査を任された心療内科の女医・田口は、スタッフの事情聴取や手術立会いでは適当な原因が見当たらず、単なる術中死と報告しようとした矢先、厚生労働省から派遣された白鳥と名乗る役人が現れる。
かくして、この凸凹コンビが、【チーム・バチスタ】のメンバーを再調査することになる。

竹内結子×阿部寛×野際陽子というのは、以前にドラマであった組み合わせですね。
どんな息の合った演技を見せてくれるのかな、と思ったら、テンでバラバラで、チグハグなまんま物語が展開していきました。

あることに気付く切欠だったり、気付いた直前・直後の肝心な瞬間が、バッサリ切られていて、予想外の答えが突然に提示されるのでした。

でも、それが狙いだったとか。

中村監督は昨年公開の『アヒルと鴨のコインロッカー』を撮った人ですね。
そう言えば、椎名と田口の立ち位置って、主人公なのに巻き込まれ型で、少し似ているのかもしれませんね。

竹内結子が演じる田口の天然な感じがスゴク面白かった。
心療内科医で、患者の心理を探るプロのはずなのに、相手の話しを素直に全て受け入れるように、どんなに小さなことにも耳を傾けてあげる。
だけど、肝心なことには気がつかない・・・。

原作を読んだ時から、白鳥役は阿部ちゃんだな、と思いましたが、最近の阿部ちゃんの傾向にある、極端な方向に走るのではなく、終始、不思議な人だなぁ、という雰囲気を醸し出していました。

オリジナルな、田口と白鳥の出会いと別れ(?)のシーンが印象的でした。
全て受動的に行動していた田口が、初めて能動的に手を挙げる・・・。

Team2久し振りの映画出演の吉川晃司は格好良く、手術シーンでの器具の取り扱いも見事でした。
縫合シーンなんかは「そこはバラードを歌うように」とか、監修の医師から指示があったのだとか。
何かスゴイ、エピソードだなぁ。

他のチーム・バチスタのメンバーも、佐野史朗、玉鉄、ココリコ田中、井川遥など、登場シーンが短くてもったいないと思うほど、魅力的な俳優ばかりを起用していました。

自分は原作を読んでいるので、映画では描かれない登場人物の設定や、その場、その場での心境も知っていましたが、原作を読んでいない方はどんな風に感じたのだろう?

ミステリーとしても二転三転する展開で王道的ですが、「子供の心臓移植手術の出来ない日本」とか、「1日に何件も手術を掛け持ちして、過労死寸前の麻酔医」とか、医療機関の抱えている問題も提示されていて、興味深かったです。

老若男女、客層の幅がものすごく広かったのが、印象的でした。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 『L change the World』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『アドリブ・ナイト』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/10408287

この記事へのトラックバック一覧です: 『チーム・バチスタの栄光』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 『L change the World』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『アドリブ・ナイト』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »