« 『AVP2 エイリアンズvsプレデター』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | トップリーグ07-08第9節!サントリーvs福岡サニックス@秩父宮ラグビー場 »

『北辰斜にさすところ』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Hokushin本日も年末に観た映画です。
2007年は最終的に262本の映画を鑑賞したことになりました。

終戦から60年。85歳を迎えようとしている上田勝弥のもとに、「五高・七高対抗戦百周年記念試合」の案内状が届く。
かつて第七高等学校(現在の鹿児島大学)野球部でエースとして活躍し、その後軍医として出兵、戦後は東京で開業し、今は悠々自適に老後生活を過ごしていた。
同窓会幹部たちが、百周年の目玉として、伝説の大エースであった勝弥の故郷・熊本県人吉市の球場で開催することに決めたその試合だったが、勝弥は「ワシは行かんよ」と断ってしまう。
実は、彼には最も尊敬し、慕った同郷の先輩・草野正吾を、戦場に遺して帰らざるを得なかった、という辛い過去を抱えており、いまだにその懺悔の思いを断ち切れずにいたのだった。

神山監督と緒形直人さんということで、もう少し歴史物っぽくなるのかな、と思っていたら、三國連太郎さんが演じる現代のシーンが多かったので、意外でした。

しかし、神山組の常連である緒形さんですが、実際には40歳なのに、20代のバンカラな学生を演じて、それなりに見えてしまうのだからスゴイですよね。
イヤ、マジで若すぎる!

重鎮の三國さんの演技は素晴らしいですが、色々な過去があったとは言え、あそこまで頑なに帰郷を拒む理由が伝わって来づらいのが気になりました。

まぁ、だからこそ「今、孫に伝える・・・」なのですよね。

そこにテーマがある訳だし、その話しに何かを感じて、試合中の骨折でスポーツ推薦の道を断たれた孫が、おじいさんと同じ鹿大野球部を目指すのですから・・・。

孫を演じたのは、三國さんの息子役の林隆三さんの実のお子さんだとか。
どうりで親子で並んでしゃべるシーンは自然な訳ですね。
結構、良い演技をしますので、若い役者さんたちにも注目です。

しかし、ここまで熟年俳優で豪華なキャスティングも珍しいですね。

そして、ラストは『フィールド・オブ・ドリーム』と言うか、大人のファンタジーになっていきます。

その辺りは微妙ではありますが、良質の日本映画を観させてもらった、というのが素直な感想です。

(満足度:★★★、オススメ度:★★★)

|

« 『AVP2 エイリアンズvsプレデター』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | トップリーグ07-08第9節!サントリーvs福岡サニックス@秩父宮ラグビー場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/9690327

この記事へのトラックバック一覧です: 『北辰斜にさすところ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 『AVP2 エイリアンズvsプレデター』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | トップリーグ07-08第9節!サントリーvs福岡サニックス@秩父宮ラグビー場 »