« 『茶々 天涯の貴妃』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『グミ・チョコレート・パイン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『再会の街で』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Saikai9.11を題材にした作品はこれまでもありましたが、その中でも特に重い作品と言えるかもしれません。
でも、「この作品、好きだなぁ」と思いました。

仕事と愛する家族に恵まれた歯科医・アランは、ある日、大学時代のルームメイトだったチャーリーとニューヨークの街角で再会する。9.11の飛行機事故で妻子を失くし、ボサボサの髪に汚らしい格好で、ヘッドホンで外界から遮断した生活を送るチャーリー。アランは彼を心配するが、昔のような楽しい時間を一緒に過ごしていくうちに、むしろ彼の自由な生活を羨むようになる。
ただ一つ、亡くした家族の話が出ると別人のように怒り狂うチャーリーを見て、アランは放っておけず、彼をセラピーに連れて行こうと試みる。

先に「9.11を題材に」とは書きましたが、厳密には事件そのものには触れずに物語は展開します。

愛する者を失った喪失感。
自分自身に実際に起きたことがないから想像するしかないのだけれど、コメディ俳優のイメージの強いアダム・サンドラーが見事に演じています。

そして、そばにいる愛する者に愛していると伝えることを忘れた男を演じるドン・チードルが素晴らしい。
よく言えば、モラリスト。協調性があって、相手の気持ちを尊重し、和を乱さない。しかし、実際には、相手の懐に飛び込むことを恐れ、コミュニケーション不全を起こし、傷付いている。
チャーリーの傷を癒すつもりが、自分が癒され、自分の気持ちを素直に伝えられるようになっていく。
雇われ人のくせに偉そうな先輩医師に、愛する家族に・・・。

どうしてもチャーリーのドラマ性に目が行ってしまいますが、アランこそが主人公だと思えました。

「チャーリーがアランと付き合うのは、アランがチャーリーの家族を知らないから」というセリフがありますが、アランの発言で嫌な思いをしても、またアランに会いに来るのですから、決してそれだけではない、そこには二人だけの【友情】があるのだと思います。

どんな病であれ、元通りになることがベストなのでしょうが、そうではない答えが有っても良いのだな、と思いました。

美人のサラピストを演じたリブ・タイラーが、話題づくりのためではなく、地味に演技している(?)のも良かったです。

THE WHOをはじめとする70~80年代のヒット曲も雰囲気にあっていました。

お正月映画らしくないかもしれませんが、オススメです。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« 『茶々 天涯の貴妃』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『グミ・チョコレート・パイン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2007年12月28日 (金) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/9556120

この記事へのトラックバック一覧です: 『再会の街で』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 『再会の街で』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「再会の街で」□監督・脚本 マイク・バインダー □キャスト アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、ロバート・クライン、メリンダ・ディロン■鑑賞日 12月22日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 実話ではないが、まさにあの悲惨な911の後遺症とも言える苦悩を抱えた男の真の姿がここに描かれている。 奇しくも、この作品の監督で... [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 17時35分

« 『茶々 天涯の貴妃』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『グミ・チョコレート・パイン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »