« 『once ダブリンの街角で』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 韓国映画ショーケース2007『マイ・ファーザー』 »

『やわらかい手』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Yawarakaiteこういう作品が公開されるって、素敵ですね。

ある意味、映画としてあり得ないストーリーだけど、実際にはありそうだし、主人公の心がどこまでも純真で、こちらの心も洗われたような気分になりました。

ロンドン郊外の町で、至って平凡な人生を歩んできた主婦のマギー。難病に冒された最愛の孫の手術費用を何とか工面するために、職を探していた彼女は、ソーホーにあるちょっと変わったセックスショップで【接客業】を始める。
そのサービスは、オーナーが日本で入った風俗店をヒントに、壁に開いた丸い穴から手を動かし、壁の向こうの男性を絶頂に導くこと。
やむなくこの仕事を始めたマギーだったが、その隠れた才能で、瞬く間に長蛇の列が出来る売れっ子となっていく。

「齢60歳のバアさんが風俗嬢になる!」って、スゴイですよね。
しかも、求人広告の【接客業】をウエイトレスだと思い込んでいるのですから・・・。

そして、そのバアさんの手を触れただけで、「イケル」と信じた移民のオーナーの勘もスゴイ。
自分で仕掛けておいて、「どうして、こんなに列が出来るのだろう」と並んでしまうところも良いし。
いつしか、主従関係だけでない、感情が芽生える雰囲気も悪くないと思いました。

そんなある意味でショッキングな設定だけではなくて、物語の根底には、とにかく病気の孫を救いたい、結婚し独立したとは言え、可愛い息子には苦労をさせたくない、母親の純粋な気持ちで溢れています。

最初は家族の問題に介入してくる姑に反目している嫁が、出所が何であれ渡航費用を工面した姑と和解するエピソードや、お節介な母親と気の強い恐妻に挟まれ、ウダツのあがらない息子も分かるって感じなんです。
「そんな汚らしい金で、手術なんて受けさせられない」って、ならお前が稼いで来いやぁ、って感じでした。

それから、ロンドン郊外のお高く止まったご近所さんとのお付き合いも、興味深かったですね。

単館上映ですが、観客の年齢層を広く、結構混んでいました。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 『once ダブリンの街角で』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 韓国映画ショーケース2007『マイ・ファーザー』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/9348792

この記事へのトラックバック一覧です: 『やわらかい手』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 『once ダブリンの街角で』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 韓国映画ショーケース2007『マイ・ファーザー』 »