« 『ベオウルフ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『やわらかい手』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『once ダブリンの街角で』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Once音楽が中心にある映画は好きなんだなぁ、と再確認しました。

アイルランドの首都・ダブリン。家業の掃除機修理工を手伝いながらメジャーデビューを夢見るひとりのストリートミュージシャンがいた。昼間は有名な楽曲のコピー、夜はオリジナル曲を演奏する毎日。ある夜、ストリートライブ中にひとりの若い女性と出会う。チェコからの移民で家政婦として働くその女性もずっとピアノを持つことを夢見ていた。
彼らは貧しいながらも、音楽という共通点があり、昼休みでの楽器屋でのセッションを通して、互いに惹かれ合っていくが、男は別れた恋人を忘れられず、女も複雑な事情を抱えていた。
一念発起、ロンドンでデビューを狙うことにした男は、デモCDを作成するため、彼女とバンドを組み、スタジオ入りする。

まず、音楽が良いですね。ミュージカル映画のように突然歌い出すのではなく、自然に歌い出す歌が心情を的確に表現している。
別れた女をいつまでも引き摺る女々しい男を演じるザ・フレイムのグレン・ハンサードの歌力は当然ながら、元・オーケストラ奏者の父を持つ移民の女を演じたマルケタ・イルグルバの清々しい歌声も良かったです。

スタジオの録音技師のように始めは素人とバカにしていたものの、結構いいじゃんってのめり込んでいく姿は観客のスタンスに似ているのかもしれません。

ストーリーとしては、男女が心を通わせる恋愛物ながら、それだけに終わらせていないのが良いかな。あくまで心の交流であり、お互いの家族に紹介しつつも、プラトニックな関係のまま、それぞれがあるべき場所に帰っていく。

ここ数年のヨーロッパ映画といえば、移民というテーマが付いてくる傾向がありますが、それだけ深刻な問題ということなのでしょうね。

サウンドトラックが欲しくなる1作です。音楽好きな方は是非に。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 『ベオウルフ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『やわらかい手』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/9348639

この記事へのトラックバック一覧です: 『once ダブリンの街角で』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» ●森下悠里●PV宣材用ハメ撮り映像はやっぱりあった!! [森下悠里★エッチなPV]
森下悠里(もりした ゆうり) 1985年1月30日生まれ。秘書技能検定やパソコ... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 22時13分

« 『ベオウルフ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『やわらかい手』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »