« 『カンナさん大成功です!(特別先行上映)』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『ベオウルフ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

韓国映画ショーケース2007『極楽島殺人事件』

Gokuraku新大久保の韓流ショップでDVDが売っていて、気になっていた作品でした。

1986年のある日、住民17人が暮らす極楽島から近くの港に死体が流れ着き、捜査のために島へ渡った刑事たちは、住民が一人残らず消えていることを知る。
1ヶ月前、島民の健康状態が良好なことが国から表彰され、長老の80歳の誕生会が開かれていた。その夜、花札賭博をしていた島民2人が殺されたことをきっかけに、次々と殺人事件が起こっていた。
かつての漁の事故で未亡人となった嫁が逃げないように監禁するという風習が、いつしか女性の霊が彷徨っているという伝説を生んだ土俗的な雰囲気の漂う孤島で、疑心暗鬼にとりつかれた島民たちの中で、診療所の青年医師と後輩の女性医師がそれぞれに殺人事件の謎に迫っていく。

観終えてしまうと納得のミステリー。
でも、最後の最後まで緊張感を引っ張った演出、出演者の迫真の演技は脱帽です。

決して個性的ではないパク・ヘイルの顔が、正義と狂気の紙一重の境界にある世界観を見事に表現していると言えるのではないでしょうか。

そして、久々に観るような気がするパク・ソルミ。
島民の誰からも愛される存在でありながら、彼女もまた容疑者の一人にも見えてくるので不思議です。

登場人物の中で最初から最後まで正気なのは、結局は彼女だけだったのですよね・・・。

残念なのは、彼女の設定が、パク・ヘイルが元勤めていた研究所の後輩で、彼が孤島の診療所に転勤になって、しばらくして引き抜いてきたというのが、イマイチ伝わって来なかったので、こいつ何者?って思ってしまいました。

孤島の診療所で幻覚が見えるということで、堤幸彦監督の『サイレン』を連想しましたが、科学が産んだ怪物って言えば良いのでしょうか。
日本ではなかなか作れないテーマかもしれませんね。

韓国の優れた作品を紹介するこの企画。
このミステリーは、日本で一般公開されるのでしょうか・・・?

|

« 『カンナさん大成功です!(特別先行上映)』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『ベオウルフ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/9329137

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画ショーケース2007『極楽島殺人事件』:

« 『カンナさん大成功です!(特別先行上映)』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『ベオウルフ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »