« 『黒帯 KURO-OBI』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『クローズZERO』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『クワイエットルームにようこそ』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Quietroom芥川賞候補になった原作を読んでいて、非常に演劇的というか、映画的というか、絵が浮かびやすい小説だったので、スゴイ期待していて、そして期待通りの作品でした。

佐倉明日香、28歳のフリーライター。締め切りに追われ、同棲相手の売れっ子放送作家・鉄雄ともすれ違い日々が続いていた。
ある日、目覚めると、そこは見慣れない白い部屋・・・。手足がベッドに拘束されていて、身動きができない!
部屋の外から聞こえてくる奇妙な叫び声に、窓から覗き見る視線・・・。
そこにやって来た看護士の江口から、「アルコールと睡眠薬の過剰摂取により、丸2日間昏睡状態だった」と説明を受けても、記憶がない!
自殺未遂患者として、精神科の女子閉鎖病棟に強制入院させられた明日香が、非日常的な空間で一見奇妙な人たちと出会うことで、何かが変わり始める・・・。

ネタがネタだけに、軽はずみなことは言えませんが、ストレスを抱えた現代人の物語という点では、かなりリアルにできていると思います。
例えば、明日香と同室になる、本当に普通の人妻にしか見えないのに、ODを繰り返す栗田さんとか・・・。

しかし、冷静になって振り返ると、キャンギャルからバブリーな中年と結婚するが、性格の不一途で離婚、中絶、風俗勤め、客として来た放送作家と同棲を始めてからも、元夫の自殺から不眠になり、恋人の紹介で始めたライターとしても行き詰って、父親の死・・・と、結構、波乱万丈な人生なんですよね、明日香って。
そこまでは自分で折り合いをつけてきたから、割とサラリと描かれているのですが、どこかで溜め込んでいたものが爆発しちゃったんですね。

内田有紀は、アイドル時代から演技力は定評があって、女優復帰後は田村正和、北野武と作品にも恵まれていますが、今回は、また、特に良いですね。
松尾スズキ監督は「メジャー感」という言葉を使っていましたが、何だかんだ言って普通(に見える)なので、感情移入はしやすいというか、ブラックユーモア溢れる、マニアックで、インディな非日常の世界を、日常的なものとして成立させる説得力みたいなものを感じました。

テレビのインタビュー番組で「キレイな役は演じてきたから、これからは悪女とか、汚れ役nに挑戦したい」と言っていましたが、これはその第一弾ですね。
だって、演技とは言え、全身ゲ○まみれの女優なんて、そうはいないでしょう。
そうそう、すっごい勢いで美味しそうに缶チューハイ飲んでいたけど、実は下戸らしいですよ。

鉄雄役のクドカンは、役者として見直しました。
何でも受け入れちゃう優しい男で【面白い世界の男】は、お見事でした。
これまでの俳優として参加した作品は、「分かりやすくて面白いことやってね」的なキャスティングでしたが、今回の役は放送作家ということで、監督や自分自身にもダブる部分があるかもしれません。
すごく細かい演技が多かったような気がします。

それから、脇役がキャラが立っていて面白い。

特に、元AV女優でスタイルを気にしすぎて過食症患者役の大竹しのぶのさんは、病院の主?、患者の女ボス?みたいな女性を貫禄一杯に演じていて、すっごく楽しそう。
お節介焼きで、被害妄想入っていて、行き過ぎちゃうオバちゃんって、実際にいそうで、怖かった・・・。

看護士役のりょうは、こういうコメディで観られるとは思っていませんでした。
あそこまで無表情で、「ルール、ルール」って言っていて、患者にタックルされたら切れまくるなんて看護士、ある意味、イッちゃってますよね。
本人は、元々コメディをやってみたいらしいのだけど、顔立ちが顔立ちなんで、そんな役が回って来ない、と言っているみたいです。
もし再び、松尾スズキorクドカンと組むことがあるのなら、今度はもっとぶっ壊して欲しいなぁ。

妻夫木聡は、たまにこういう小さい役で映画に出るの、拒みませんよね。
今回の【小者】君は眉毛をつなげたり、オーバーアクションで、そう来たか、と思いました。
が、妻夫木聡が演じているから面白いけど、それだけのキャラだったような気もします。
もっと特殊メイクでデブ・キャラとかまでやったら、「参りました」かもしれませんが・・・。

そして、蒼井優が演じたミキは、見た目も含めて彼女らしくない意外性のある役でしたね。
一見普通の拒食症患者のようで、病巣はもっと根が深いというか、一体何者だったのか、不思議な少女でした。
こういう役も演じれてしまうことが、旬な女優ということなのかもしれませんが・・・。

他は松尾スズキ人脈で、役者以外の文化人(庵野監督、俵万智さん)がチョイ役で出演しているのですが、気が付かなかった人もいました。

文章で読んだ時より、映像化することで『明日香さんの精神科隔離病棟体験レポート-絶望と再生の14日間-』って感じで、まとまっている感じがしました。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« 『黒帯 KURO-OBI』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『クローズZERO』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/8678126

この記事へのトラックバック一覧です: 『クワイエットルームにようこそ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» リア・ディゾン 風俗誌に載っていた?? 見たいWATCH動画で今すぐチェック!! [見たいWATCH 動画見放題サイト(リア・ディゾンの不思議??)]
グラビアはともに集英社の「プレイボーイ」と「ヤングジャンプ」がほぼ独占状態で、他紙は流出画像なども掲載するなど後追い報道に専念するのみである。しかし、そんなリアが「PHW」なるフィリピンフリークのためのガイド雑誌の表紙を飾っていたことが判明! その真相は?? [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 22時26分

» 田村 人妻/田村 人妻 [滋賀で出会いを探そう]
結婚後の夜の生活に満足しない、そんな女性が数多くいることをご存知ですか? この傾向は、実は、経済的に恵まれ、何不自由ない生活をしている20代の奥様に多いのです。ご主人が多忙だとか、年齢が離れすぎているとか、理由はさまざまですが、半年や1年以上あっちの方...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 07時24分

« 『黒帯 KURO-OBI』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『クローズZERO』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »