« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 韓流シネマ・フェスティバルⅩ『女教授』 »

『WHITE MEXICO』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Whitemexicoこの映画、「大江千里のファンであること」が条件のような感じもします・・・。

主人公の置かれている設定は非常にシリアスなのですが、のんびり和やかな気分になれるロードムービーでした。

好きですね、この感じ。

妻を亡くし、高校生の娘と向き合うため、多忙を極めた自動車雑誌の編集長という職を捨てて、コンビニ経営を始めた佐藤。
その最愛の娘も、万引き犯を注意するという正義感が仇になり、チンピラにナイフで刺され、殺されてしまう。

一方、ロシア人パイロットの祖父が祖母の墓参りに訪れた青森で急死し、そのあと始末にやって来たクォーターの娘パステル。祖父の遺したのは、飛行機ショーに穴を開けた違約金と、当日、飛び立つはずだった年季の入った黄色い飛行機。

二人は青森行きの長距離バスの停留所で出会い、ともに旅することになる。

コンビニ強盗への復讐を果たしたばかりの佐藤は、コートの下にピストルを隠し、ドサクサに紛れて盗んできた大金の入った紙袋を抱え、メキシコのプロレス団体に寄付するのだとう言う・・・。

千里さんが映画のために書き下ろした新曲が流れたりもするのですが、PVっぽい構図もあったりもして、なかなか面白かったです。

千里さんの主演映画って、いつ振り?
『君はボクを好きになる』、『スキ!』を観た時は、10代だったよね?(ギリギリ?)
真田さんと共演した『コール』(だったっけ?)は観てないんだよなぁ・・・。

前半は、髪バサバサだし、ヒゲ面で、とことん無表情。
この後、どうなっちゃうんだろう?って感じ。

後半、パステルの勘違いから警察から逃亡しなければならなくなって、二人旅になるのだけど、そこから二人は打ち解けて、いつものキラキラな表情を見せてくれます。

45歳の男と20歳の女という親子ほど年の離れたカップルの誕生!?です。

少し怪しい日本語を話すロシア系クォーターを演じたティアラは、沖縄出身のモデルさん。
ロシア人っぽく見えたし、今後も面白い素材なんじゃないですか。

ブラザー・トムや熊さん(鉄の芸術家・篠原勝之)も良い味だしています。

千里さん、たまには映像の仕事もやってくれないかな。
正直、45歳の父親役というのは、見ていて少し照れ臭い感じもするけど、40代にしか出せない世界ってあると思うのですよね。

二人乗りの黄色い飛行機に乗って、何処まで行こうか・・・。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 韓流シネマ・フェスティバルⅩ『女教授』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7917228

この記事へのトラックバック一覧です: 『WHITE MEXICO』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 民間人は今年 [また]
クロスマイハート を終 武装闘争継続 [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 01時55分

« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 韓流シネマ・フェスティバルⅩ『女教授』 »