« Live! GANGA ZUMBA 【SUMMER SESSION UM】@渋谷AX | トップページ | 韓流シネマ・フェスティバルⅣ『ミスター・ロビンの口説き方』 »

韓流シネマ・フェスティバルⅢ『角砂糖』

Kakuzatou火曜ドラマの『牛に願いを』だけは欠かしていないのですが、これは人間と馬の友情をテーマにした感動作です。

正直、もう少し掘り下げても良かったのでは、という部分もあるのですが、主人公と愛馬に絞り込んだことで、シンプルに泣けるのかな・・・。

舞台は済洲島。国営の馬牧場。
幼い頃に母親を亡くしたシウンは、“将軍”という名の雌馬を母親のように慕い、大きくなった。そして、生まれてすぐに母・“将軍”を亡くした子馬のチョンドゥン(雷)に大きな愛情を注ぐ。
ところが、父親がシウンの大学入試のために子馬は人手に渡り、離れ離れになってしまう。しかし、シウンは大学には進まず、騎手を目指しソウルへ行くことを決めていた。
それから、2年後のソウル。
騎手学校を卒業し、女性騎手として注目を集め始めたシウンは、男社会で八百長が横行する競馬界の本当の姿を知った頃、繁華街でチョンドゥンと運命の再会を果たす。

ほとんどスッピンで登場する飾りッ気のないイム・スンジョンが良いです。

髪型も高校生の時は肩より長めで、騎手になってからはショートです。両方とも今まで余りなかったかも。

アップが多いので、ファンには堪らないかも。

父親との確執は、もう少しあると良かったかな。
頑固親父も良かったですが、簡単に改心してしまうので、軍隊時代の上官で、今は牧場の使用人として働いている、オジサンが良い味を出していたかな。

『チング』で興行スターとなった後、出演した大作でこけてしまったユ・オソンは、久々ですね。

家族との関係が悪化しているが、馬への愛情は人一倍熱く、不器用な調教師を、演じています。

もう少し観たかったけど、特別出演の扱いらしいのですよね・・・。勿体ない。

馬の生産者の娘で、その馬を家族同然に愛している少女が、騎手として搭乗する、というのは余り現実味がないのかな・・・。
優勝したら、一人勝ちになってしまいますもんねぇ、と妙に覚めた自分もいたりなんかしました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

※追記
順番が多少前後しているのですが、今年150本目の映画でした。
パチ、パチ、パチ。

|

« Live! GANGA ZUMBA 【SUMMER SESSION UM】@渋谷AX | トップページ | 韓流シネマ・フェスティバルⅣ『ミスター・ロビンの口説き方』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7782802

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流シネマ・フェスティバルⅢ『角砂糖』 :

« Live! GANGA ZUMBA 【SUMMER SESSION UM】@渋谷AX | トップページ | 韓流シネマ・フェスティバルⅣ『ミスター・ロビンの口説き方』 »