« Live! Clazziquai Project『LOVE CHILD of the CENTURY』@渋谷クラブ・クアトロ | トップページ | 『天然コケッコー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『夕凪の街 桜の国』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Yunagi名匠・佐々部清監督が、50年前と現代の2人の女性を通して描いた、愛と平和への静かなるメッセージ。

広島の原爆をテーマにしながら、それを直接連想させるシーンがほとんどなくても、思いっきり泣けて、それでいて鑑賞後の気持ちは決して暗くはならない。

うん、良い映画でした。

『夕凪の街』は、終戦から13年後の広島。被爆体験をしながら、「生き延びてしまった」という罪悪感の中で母親と暮らしている皆実の物語。
『桜の国』は、平成19年の東京からスタート。皆実の姪・七波が、偶然に訪れた広島で、自分自身のルーツ、祖母、両親、そして伯母の過去に思いを馳せる物語。

テイストの異なる二つの物語が、後半で見事に融合し、大きな感動を生み出します。

まず、皆実役の麻生久美子が良かった。
元々、演技力のある若手ってことで注目されていたけど、『時効警察』の三日月しずかは何だったんだ、って位、別人です。

控えめな性格な典型的な日本美人なのだけど、川原を裸足で歩くのが好きだったり、「お富さん」を愛唱する茶目っ気もあって、だけど、身体にも心にも傷を負っている。
自分は好意を寄せていた同僚に求婚されて、嬉しい反面で、自分は幸せになってはいけないと思っている。

美しくて、儚い女性として、リアルにそこに生きていました。

解説を読むと、母娘の住んでいる被爆者のスラム街は、非合法的に形成されていったらしくて、「不法居住者は撤去せよ」という看板など、昭和33年の広島をリアルに再現されていたそうです。

原爆は落ちたんじゃない、落とされた」とか、「私が死んだら、原爆を落とした人は喜んでくれるかしら」とか、被爆者の心情を吐露する衝撃的で印象的なセリフが次々出てきて、考えされられます。

Sakuraそして、七波役の田中麗奈のナチュラルな演技がすごく活きていました。

第2部に入って直ぐは、定年した父親が痴呆症で深夜徘徊していると心配して、幼なじみの東子と広島まで追跡の旅に出るだけの役で、何のドラマ性もなくて、正直、何で?って感じなんです。

「じゃんじゃがじゃ~ぁん」が口癖な明るくて元気なじゃじゃ馬で、28歳になっても恋人なし。
しかし、表には出さないけど実際には、原爆症で相次いで亡くなった祖母と母の死に傷つき、子供の頃から病弱な弟への「被爆2世」に対する有形・無形の差別を感じ取る繊細さも持ち合わせている。

「お祖母ちゃんも、お母さんも、話してくれなかった」と淋しげにつぶやいたり、弟の恋を応援する意味を込めて「つらくても、前に進まなくちゃ」と自分自身を励ましたり。
普通だったら感極まってしまうようなセリフも、監督に「泣くな」って言われたらしくて、サラリと言ってのけていて、それが却って泣けてしまいました。

全体的に、田中麗奈がそのまんまで立っている印象なのですが、広島の街角で家族の息吹を感じるシーンの数々を見ているうちに、頑なな感じが麻生久美子の演じた伯母の皆実に似ているなぁと思いました。

性格的には正反対の二人が重なって見えてくるので、不思議でしたが、企画の段階では、麗奈が二役って案もあったそうです。
ですが、麗奈の魅力を引き出すには現代女性だけにしておいて、彼女の分身として顔立ちが似ていて、演技が出来る女優を探したそうです。
そうしたら、いつか仕事をしてみたい人ということで麻生久美子を思いつき、彼女に白羽の矢を立てたそうです。
うん、この二人にして正解でしたね。

七波の父親・旭を演じたのは、堺正章先生。基本的に娘に行動をのぞかれている設定なので、動作は怪しげで、セリフも少なく、聞き取れても断片的。
僕らの知っているコメディ俳優・堺先生ぶりはほぼ封印していました。

それでも、東京の私鉄の中で交わされる父娘の会話は、堺先生の優しい語り口と、田中麗奈の半泣きの笑顔は素晴らしいラストだったと思います。

そして、1部と2部をつなぐ皆実の母親(七波の祖母)を演じた藤村志保さんの佇まいが、凛としていて、物語にスーッと筋を一本通しています。

私の母は長崎に原爆が落とされた時は、五島列島に疎開していて、海水浴中にキノコ雲を見たと、子供の頃に夏になると話してくれたことを思い出しました。

桜の国=日本に生まれたからには、忘れちゃいけないこと、語り継がなくちゃいけないことがあるのですよね。

比較的に年齢層は高かったですが、色々な人達に観てもらいたいなぁ。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« Live! Clazziquai Project『LOVE CHILD of the CENTURY』@渋谷クラブ・クアトロ | トップページ | 『天然コケッコー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7337398

この記事へのトラックバック一覧です: 『夕凪の街 桜の国』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 抗酸化食品 [抗酸化食品]
抗酸化サプリのお話 [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 15時27分

» 麻生久美子 [アイドル画像を探そう]
麻生久美子「愛の形を感じました」 麻生久美子演じる皆美の存在が… [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 23時31分

« Live! Clazziquai Project『LOVE CHILD of the CENTURY』@渋谷クラブ・クアトロ | トップページ | 『天然コケッコー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »