« Jリーグ第22節! 川崎フロンターレvsガンバ大阪@川崎・等々力陸上競技場 | トップページ | ラグビー・W杯まで あと11日 »

Live! Slow Music Slow LIVE '07@池上本門寺・野外特設ステージ

本門寺って大田区なんですね。

世田谷の方だと思い込んでいたから、同じ東急電鉄でもエライ違い。
焦ってしまいました。

この企画4年目だそうですね。
でも、本門寺境内のライブは初参加なんです。
3年位前に、J-WAVEの招待客だけを集めた特別バージョンがあって、運良く抽選に当たって、MIYAと高野君を観に、渋谷に行ったことはあったなぁ。

15時30分。
まだ、お日様カンカン照りの時間帯からスタートなのですが、挨拶した住職さんの話通り、1時間も過ぎると緑を抜ける風が心地好い感じになってきました。

元々、下町の寺町育ちなので「東京にも、こんなところが残っていたんですね」的な部分は余りないのですが。
木陰を抜ける風、蝉の声、鈴虫の音、五重塔、月・・・。
良い感じの場所ですね。
落ち着きます。

Opening act 1 沖仁 frat.矢幅歩
Opening act 2 J-Min
本編 1 中孝介
<休憩Time>
本編 2 ジェイク・シマブクロ
本編 3 平原綾香
本編 4 夏川りみ

この夏のイベントで名前を良く見かけた沖仁のフラメンコ・ギターは初体験。
フラメンコって、12拍子で素人にはカウントが取れないと思っていましたが、男性ボーカルを入れたりして、難しいことを考えずにすんなりと世界に入れました。

J-Minは、韓国出身のシンガーで、何かで読んだことがあったぞ。
来日1年なのに、たどたどしいし、言い間違いを訂正したりもしているのだけど、ほぼ完璧な日本語でMCしている。○アよりもキレイな日本語かも。
アコギの弾き語りなので、淡々と歌っているのだけど、バラード系で歌い上げる時は「やっぱり韓国人なのね」って感じでした。
日本語のデビュー曲より、洋楽カバーの『Big Yellow Taxi』の方が、彼女の個性に合っているように思いました。

本編からは1人の持ち時間は45分で、舞台転換に15分と言う感じでした。

トップバッターの中君は、いつもの通りピアノと二人、シングル曲を中心に歌いました。
1stアルバム『ユライ花』から河口恭吾・作の『サヨナラのない恋』を披露。
この曲、好きなので嬉しかったです。

休憩タイムは、野外イベントのお楽しみ、フード・コーナーへGo!
ロースト・ラム(600円)とロハ酢梅スパークリング・ワイン(500円)をチョイス。
ラムは「騙されたと思って、ワサビで食べてみて」と言われたので、ワサビと塩をもらって食べたのだけど旨い!
単なる臭み取りではあるけど、ラムとワサビとメチャクチャ合う。
今度、友達の家でホームパーティがあったら、ラム肉と生ワサビを持って行こう。
本当はラム酒とか飲みたかったのだけど、梅ジュースのシャンパン割りも美味しかったですよ。

それから挨拶した住職さんが、名刺を配ってました。
裏に一言書かれているのですが、目の前に来た人に相応しいものがないと渡さないの。
僕は3回飛ばされて、お弟子さんが追加で持って来た名刺の中から選んでくれました。

【志 モノやカネより大切なこと】

今の悩んでいることに結構当てはまっているのは、偶然なのか、それとも心の内を見透かされているのか。
少し怖いような気もしました。

さて、ライブ再開。

ベストCDを出したばかりのジェイクです。
このCDを聴いていたら、楽しそうにウクレレを弾くジェイクが観たくなったのです。
それで『情熱ライブ』とかなり被る面子のライブだったけど、今日はここに来たのでした。
ジェイク、日本語が上手くなってる!!
「よろしくお願いシマブクロ」なんてギャグ、誰が教えたんだぁ!!
ベストCDの新曲や、『フラガール』メドレー、『離婚弁護士』の主題歌、ツェッペリンのカバー・・・。
「ピアノも打楽器だから」って聞いたことがあるけど、ウクレレも打楽器なのかな?
1人なのにメロディとリズムが同時に刻まれているからスゴイですよね。
ウクレレバックを担いでいる、アロハにハンチング帽が沢山いたのも、こういうライブでないと見られない光景です。

平原綾香は、ジャズで攻めてきました。
さすが音大のジャズ課サックス専攻(今回はサックス演奏はなしですが)。
最新アルバム、洋楽カバー、代表曲とバランス良く配置しました。
中低音の響きはスゴイ。
セリーヌ・ディオのトリビュート・アルバムに参加して、歌った『The Prayer』を初披露。
正直、まだ歌い切れていないけど、セリーヌのドラマティックな歌唱は、彼女にも通じるものがあるので、CDで聴いたら、素晴らしいのだと思います。
最後は『明日』と『ジュピター』で締め。
何度聴いても、良いものは良い。

そして、今年の大トリは夏川りみでした。
『情熱ライブ』では、イメージを裏切るってテーマもあったのですが、今日はライブの趣旨に沿って、ゆったり、ゆっくり出来る、イメージ通りの世界でした。
『フルサト』って、いかにもマッキーらしい詞とメロディだけど、夏川りみの曲になってましたね。
良い曲です。
MIYAの『愛よ、愛よ』を聴けたのは大満足でした。
「頑張らないで・・・」ってスゴイ詞ですよね。
時代にも、彼女の語り口調にも合ってる。

アンコールで「イベントなんで用意してないんだけど」と言いつつ『安里屋ユンタ』を披露。
観客もきちんと合いの手入れてるし、踊っている。
恐るべし。

振り返ると、五重塔の真横に、少し欠けた丸い月が輝いていたのでした。

|

« Jリーグ第22節! 川崎フロンターレvsガンバ大阪@川崎・等々力陸上競技場 | トップページ | ラグビー・W杯まで あと11日 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7691070

この記事へのトラックバック一覧です: Live! Slow Music Slow LIVE '07@池上本門寺・野外特設ステージ:

« Jリーグ第22節! 川崎フロンターレvsガンバ大阪@川崎・等々力陸上競技場 | トップページ | ラグビー・W杯まで あと11日 »