« ASIAN CUP 2007! ベトナムvs日本(TV観戦) | トップページ | 『ダイハード4.0』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『傷だらけの男たち』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Shangcheng金城武の格好良さを改めて感じました。

単に手脚が長いから絵になるってだけじゃありませんよ。

初のヒールに挑むトニー・レオンの哀愁感漂う佇まいも悪くないのですが、金城君の最愛の恋人を失った悲しみに悶える重苦しさと、天真爛漫なスー・チー(これも結構珍しい!?)との台湾コンビで演じる新しい恋の軽妙さのバランスが凄く良くて、トニーより目立っていました。

それから、大陸から参加のシュー・ジンレイは美人だし、チャップマン・トゥは真面目に演じているのが却って可笑しいし、僕的には中華圏映画人の中ではベストな配役でした。

大好きな『インファナル・アフェア』シリーズと同じスタッフによる新作で、刑事が犯罪に手を染める話ということで、過剰に期待される方、設定だけで食傷気味の方の両極端に分かれるのかな。
一度シリーズを忘れた方が、この作品の世界観が楽しめると思います。

2003年のクリスマス。些細なことで恋人とケンカした若手刑事・ポンは親友の先輩刑事・ヘイと共に婦女暴行犯を逮捕する。疲れて自宅に帰ると、手首を切って血塗れの恋人が横たわっていた。
3年後、ポンは警察を辞め、私立探偵を営むが、恋人の自殺の原因を求めて、飲めない酒浸りの毎日を過ごしていた。一方、ヘイは確実に昇進し、マカオ出身の富豪・チャウの一人娘・スクツァンと結婚して、順風満帆に暮らしていた。
そんな時、チャウと執事のマンが、完璧なセキュリティ・システムの自宅で殺害される。莫大な遺産があるため、娘婿のヘイも容疑者の一人のため捜査から外されるが、程なくして、強盗の証拠と共に仲間割れしたと思われる二人のヤクザの死体が発見される。
しかしながら、父親の死に疑念を抱くスクツァンは、ポンに事件の再調査を依頼する。
酔っ払いのポンは元敏腕刑事の勘で事件を解決し、復活することが出来るのか・・・。

映画の作り方として、犯人をばらさずに最後にエーッ!というのもありだと思いますが、この作品では登場人物は気付いていないけど、観客はトニー演じるヘイが犯人であるイメージを持ったまま展開するように出来ています。
恵まれているように見えるヘイがなぜ犯罪に手を染めたのかという点をポンと一緒に解読していきます。

この過去と現在を交錯させる手法、例えば、ポンの現場検証でポンのイメージする犯行シーン、が、色あせた画面に金城君だけクッキリしていたり、血の赤だったりの原色を強調していたりして、映像が凄くきれいでした

『インファナル・アフェア』シリーズ同様に、伏線の張り方は香港映画では珍しい位に見事です。
スクツァンを震え上がらせるストーカーのエピソードなんて、「そう来たか」と思いました。

ただ、一番重要な伏線の示し方は中国語圏ではないから仕方ないのかなぁ。
あそこで、その後の展開、ヘイの過去とか嘘の一端と言えば良いのかな、が分かってしまいました。
残念!!

香港のクリスマス・シーズンが舞台ということで、いつもの映画の中で見慣れている香港の風景も少し華やいでいて、オシャレに見えました。
でも、金城君の話では、夏に撮影していたとか・・・。

また、流れている音楽、ジャズっぽいキャロル等はおしゃれで、サントラが欲しくなりました。
日本版に主題歌を日本人歌手の曲に差し替えることは良くありますが、この作品では最初から浜崎あゆみの『Secret』を起用(香港版では中文カバーだとか)していて、作品の世界観を保っていたと思います。最近の彼女の曲の中では、結構気に入っていた曲です。

さてさて、早くもレオナルド・ディカプリオ主演でハリウッド・リメイクが決定しているそうですが、レオはどっちを演じるのだろう?
キャラ的にはポンだと思いますが、どうせ文化的背景をアメリカに置き換えるのですから、敢えてヒールのヘイをチョット違う視点から見せても面白いかもしれませんね。

|

« ASIAN CUP 2007! ベトナムvs日本(TV観戦) | トップページ | 『ダイハード4.0』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7096353

この記事へのトラックバック一覧です: 『傷だらけの男たち』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 浮気調査探偵 [浮気調査探偵]
浮気調査をしようとしても、個人の力では限界があります。やはりこういった浮気調査は専門家に依頼相談するのが一番よいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 00時21分

» 倖田來未 こうだくみ [倖田來未 こうだくみ]
倖田來未 こうだくみ [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 02時44分

» 浮気調査を自分で行う方法 [ダンナの行動が怪しい!ひょっとして浮気?]
Akai探偵学校で実際に使用されている教材をご紹介します。 よく、さまざまな情報... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 23時17分

« ASIAN CUP 2007! ベトナムvs日本(TV観戦) | トップページ | 『ダイハード4.0』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »