« ASIAN CUP 2007! 日本vs韓国(ビデオ鑑賞) | トップページ | 『ゴースト・ハウス』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『ファウンテン』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Fountainいやぁ、噂には聞いていましたが、難解な映画でしたねぇ。

余命わずかな妻と、妻の延命のために研究の没頭する医師の夫。
二人の死生観の違いから来るすれ違いを描いたラブストーリーなのですが、妻が夫のために書いている中世スペインを舞台にした小説や、妻の死後の夫を思わせる観念の世界が同時進行に展開し、一筋縄ではいかない、幻想的な物語を作り上げていきます。

「死を受け入れる」とか、「肉体が滅んでも、永遠に続く愛」とか、扱っているテーマも深いので、チョットでも油断をしてしまうと、物語が見えなくなってしまうかもしれません。

死を受け入れ最期の時間を最愛の人とゆっくりと過ごしたい妻。
運命に逆らい、妻の病気を治すために研究に没頭する余り、妻のそばにいられない夫。
二人とも、相手への愛情があるからこその感情であり、行動なので理解することができます。
しかし、それが故にお互いの気持ちに気が付けず、すれ違いの日々を過ごしてしまうのは悲しくもあります。

オスカー女優のレイチェル・ワイズは、死を受け入れる妻と中世スペインの王女を美しく演じています。

ヒュー・ジャックマンは、主人公の夫である医師、その前世とも思える、王女のために永遠の生命の泉を探し求める中世スペインの騎士、そして観念界の修験僧(?)の三役を演じ分けつつ、実は「愛に生きる一人の男の多面性」として統一感を持たせるという演技を見せてくれます。

永遠の命を与える伝説の「生命の泉」、そして美しい大樹。
過去、現在、未来に渡り、物語の象徴として、存在し続けます。
それが【永遠】の象徴。

観念的な世界なので、好き嫌いは分かれるかも。
DVDが出たら、リラックスした時間に改めて観てみたい、そう思いました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« ASIAN CUP 2007! 日本vs韓国(ビデオ鑑賞) | トップページ | 『ゴースト・ハウス』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7255866

この記事へのトラックバック一覧です: 『ファウンテン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« ASIAN CUP 2007! 日本vs韓国(ビデオ鑑賞) | トップページ | 『ゴースト・ハウス』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »