« 『ファウンテン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Live! Clazziquai Project『LOVE CHILD of the CENTURY』@渋谷クラブ・クアトロ »

『ゴースト・ハウス』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Ghosthouseアジアン・ホラーのヒットメーカー、オキサイド&ダニー・パン兄弟とサム・ライミがタッグを組んだ!

それでけでもワクワクですが、僕は結構好きでした。

シカゴからノース・ダコタの人里離れた農場に引っ越してきたソロモン一家。失業中の父親・ロイは、離れ離れになった一家の再生を、この寂しい土地でのヒマワリ栽培に賭けていた。
そして、引っ越しの原因となる事件を起こした問題児の長女・ジェスは、古めかしい家の中で怪現象に遭遇し始めるのだが、虚言症が始まっただけだと、両親に信じてもらえず孤立していく。

ストーリーとしては王道中の王道。悪く言えばマンネリで新鮮味はないかも。
それでも、家族の喪失と再生のドラマに、土地に縛られる土着のアメリカ農家というのを織り込んでいて、単なるホラー映画だけでないサスペンスになっていて、アジア人のハリウッド初進出作品としては成功と言えるのでは。

脅かし方はアジアン・ホラーっぽく「ジャ~ン」でゴースト登場って感じなのですが、ゴーストの造形がゾンビとか、ファンタジー物に出てくる妖怪みたいな感じで、アジアとハリウッドの融合という感じは上手く出来ていました。

それから、アジア向けだったら、エンディングにもう一捻り(例えば、「呪縛は終わらない」みたいな感じに)していたのかもしれませんが、ハッピーエンディングにまとめたのは、あくまでアメリカ向けってことなのかなぁ、とも思いました。

絵的には、カラスの黒とヒマワリの黄色のコントラストとか、綺麗でした。
とにかくカラスは不気味で、攻撃的で、怖かった・・・。

主演のクリステン・スチュワートは可愛いし、物語を上手く引っ張っていました。
どこかで見たことあると思ったら、『パニック・ルーム』でジュディ・フォスターの娘を演ってた子なんですね。
それから、失語症の弟を演じた子もカワイイ。

血がドバーッとか、スプラッタ系ではないので、ホラーが苦手な人でも楽しめるのではないかと・・・。(責任は持てません。)

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 『ファウンテン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Live! Clazziquai Project『LOVE CHILD of the CENTURY』@渋谷クラブ・クアトロ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7291122

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴースト・ハウス』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» ゴースト・ハウス/The Messengers [Kristen Stewart News]
監督:オキサイド・パン&ダニー・パン 共演:ディラン・マクダーモット、ペネロープ・アン・ミラー、ジョン・コーベット 他 ステータス:2007年2月2日より一部劇場にて公開(in USA) 予告編:Apple あらすじ: 長い... [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 00時12分

« 『ファウンテン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Live! Clazziquai Project『LOVE CHILD of the CENTURY』@渋谷クラブ・クアトロ »