« 『私たちの幸せな時間』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Live! m-flo 『COSMICOLOR』@横浜アリーナ »

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Funuke何かで「早くも今年のNo.1邦画」と言っている人がいるようです。
まぁ、そこまで行かないまでも、かなりの上位にランクされるだろうだけのパワーと面白さはあるとは思いました。

女優を目指して上京した澄伽が、両親の訃報を聞いて4年振りに石川県の山あいにある故郷に帰ってきた。美人でスタイルは抜群だが、演技力がない上に性格が悪く、女優としては泣かず飛ばず。それも、妹の清深が書いた、自分が売春していた過去を描いた漫画のせいだと思い込み、執拗にイジメ倒している。
そんな澄伽に怯え、甘やかす血のつながらない兄、結婚相談所で紹介された天涯孤独で底抜けなお人よしの兄嫁との4人の生活が始まる。

舞台の映画化だそうですが、インディーズっぽい手作り感でいっぱいでした。

本当にコミック雑誌から出て来たような自意識過剰な澄伽を佐藤江梨子が自然に演じていて、怖いというより笑えます。
役柄というよりアイコン(記号)と言った方が合っているかもしれないキャラクターが、バービー人形っぽいサトエリにマッチしていました。

でも、この映画の作りとしては、そんなサトエリを前面に出しつつ、これでもかと痛めつけられる妹の清深の方がドラマがあったりします。
「お姉ちゃんは自分の面白さに全然気が付いていないよ。
 どうして帰って来ちゃったの。」
自分の描いた漫画のせいで、近所から白い目で見られるようになったことは反省しつつ、でも描かずにはいられない衝動。
天真爛漫なイメージのある佐津川愛美が、暗く伏し目がちに、でも秘めた情熱を燃やす女の子を演じています。

永瀬君は10代の頃から頼りない男を演じさせたらピカイチだったけど、今回も義理の妹のために右往左往する様は「しっかりしろよ!」と声を掛けたくなってしまう。
しかし、極度の勘違い女のために4年間も約束を守り通したというのは、やっぱり愛情があったからなんだろうなぁ・・・。

そして、永作チャン演じる兄嫁が最高ですよね。
新橋駅のロッカールームに捨てられていた孤児で、とにかく「家族」に憧れていて、夫に殴らても、蹴られても、しまいには食べかけの麺ツユかけられても、笑顔を絶やさない。ある意味、怖いです。
朝から晩まで缶詰工場で働きづめで、出会いのないまま30歳を過ぎ、結婚相談所の紹介で知り合った夫は、結婚してからも指一本触れてくれない。
それでも、笑ってるよ、おい!
十分主演でいけるキャリアなのに、映画ではこういうワンポイント的な美味しい役どころが多いんですよね。

カンヌの監督週間に招聘され、タイミング良く(?)サトエリのスキャンダルもあり、メディアでかなり注目されている作品だけに、結構混雑していました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 『私たちの幸せな時間』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Live! m-flo 『COSMICOLOR』@横浜アリーナ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7186653

この記事へのトラックバック一覧です: 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 結婚式 歌 [結婚式 歌]
結婚式でかける歌の参考に... [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 22時35分

» 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」文句無く楽しめる、見逃すな! [soramove]
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」★★★★オススメ 佐藤江梨子 、佐津川愛美 、永瀬正敏 、永作博美 主演 吉田大八 監督、2007年、112分 北陸の山間部の集落、 そこから都会へ女優を目指して 飛び出した長女が 両親の葬式に日に戻ってきた。 最近は邦...... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 10時39分

« 『私たちの幸せな時間』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Live! m-flo 『COSMICOLOR』@横浜アリーナ »