« 『転校生-さよならあなた-』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『ラッキー・ユー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『アヒルと鴨のコインロッカー』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Ahiru_1漸く、観ることができました!

公開2日目の日曜日に行ったら、すっごい並んでいて、「次の回は満杯です。19時の最終の回で残席30席ほどになります。」と言われて断念したのでした。
それでも、朝一の回でもほぼ満席で、次の回も「残り4席です」と叫んでましたけど・・・。

仙台の大学に入学するために引っ越してきた椎名は、奇妙な隣人・河崎に声をかけられ、同じアパートに住むブータンからの留学生・ドルジに広辞苑をプレゼントするため、本屋の襲撃を手伝うことになってしまった。
それは、河崎とドルジ、そしてドルジの恋人で河崎の元カノでもある琴美が関わる、2年前に起きたある事件へとつながって行く。

前に書きましたが、先に原作を読んでいますので、オチは知っています。
基本的には原作を生かした脚本になっていたので、真実の衝撃度という点ではなかったのですが、その分登場人物、特に瑛太君演じる河崎の行動やセリフ、表情の意味を理解しながら観られたので面白かったです。

原作は、現在の出来事と2年前の出来事を交互に描くことで、読者に真実に接近させていくという小説らしい手法が取られています。
映画では不可能だろう、と思っていたのですが、『羅生門』的と言えば良いのでしょうか、河崎が語る回想部分は椎名が想像したのであろう映像として見せ、最後に種明かしとばかりに、河崎とペットショップの店長・麗子が知っている真実の映像を見せる、という方法が取られていて、映画として面白くできていました。
まぁ、いきなりファーストシーンからヒント見せていますけど・・・。

キャスティングは見事でしたが、椎名の濱田岳は特に良かったですね。
これまでは、学校の問題児だったり、コミカルな同級生だったり、とにかくハイテンションな役柄で「こういう奴ってクラスにいたよね」という立ち位置だったと思うのですが、実際にはあんなにテンション高い奴って、そんなにはいないですよね。
今回は、テンションは高くもなく低くもなくニュートラルで、と言うか、どちらかと言うとボーッとしていて、河崎や麗子に巻き込まれていく、最後には両親にまで・・・。主人公っぽくないのだけど、いい味出してます。
他に思いつかないもんなぁ、この役出来るの。

正義感いっぱいの琴美を演じた関めぐみチャン、感情を忘れてきちゃったかのようにクールな麗子の大塚寧々さん、不思議な雰囲気を醸し出していた河崎と同じ服を着る男の松田龍平君もキャラクターに合ってました。

絶対にオススメ。原作を読んでいない人は、是非是非騙されて下さい。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★☆)

|

« 『転校生-さよならあなた-』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『ラッキー・ユー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/7011065

この記事へのトラックバック一覧です: 『アヒルと鴨のコインロッカー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» (今日の映画)アヒルと鴨のコインロッカー [Kozmic Blues by TM]
アヒルと鴨のコインロッカー [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 23時35分

» 生田斗真 「花ざかりの君たちへ」~イケメン♂パラダイス~ 第2話あらすじ 第3話ネタバレ 画像 [生田斗真「花ざかりの君たちへ」~イケメン♂パラダイス~ 画像]
花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~ 第2話 あらすじ 芦屋瑞稀(掘北真希... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 15時48分

« 『転校生-さよならあなた-』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『ラッキー・ユー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »