« 『Watch with me~卒業写真~』(舞台挨拶付き)鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『俺は、君のためにこそ死ににいく』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

【舞台鑑賞】コミック・マーシャル・アーツ・パフォーマンス『JUMP』

Img_0295これ、無茶苦茶面白いです。

テコンドーなどの武術と宙返りなどのアクロバット、濃いキャラクターの家族がおりなすコメディは、ロンドン、スペイン、ギリシアなどヨーロッパで絶賛を浴びて、ソウルに凱旋したという韓国発のエンターテインメント。
そんなことで、観客も新宿らしく、日本人、在日韓国人、そして、欧米人が結構多かったです。

事前の情報では「セリフはほとんどないので、言葉を知らない人も楽しめる」とのことでしたが、セリフは片言ながらほとんど日本語でした。

開演前、謎の老人が観客席を歩き周り、お兄ちゃんに「オンブしてくれ」と指示します。会場を一周すると「ここに座れ」と言って、近くの女性とお見合いさせていたり、「この列全員立て」と指示して、席を移動させたりします。杖をつきながら、ゆっくりと動く姿がおかしいです。
実はこの人は舞台監督。この後も幕間に登場して、スタッフに「準備OK」と聞いたり、セットチェンジを指示したりしています。

ストーリーは、こんな感じ。武術家のお祖父ちゃんが可愛い孫娘のために婿候補の青年を連れて来ることになりました。慌てて家の掃除をするお父さんとお母さん。でも、酒好きの伯父さんは、今日も朝帰りで酔っ払って裸のままで寝ています。真面目そうな青年はものすごくシャイなのだけど、メガネを外すと上着を脱いでセクシー武術家に豹変するのでした。そんなある晩、一家の家に泥棒が忍び込み、それに気がついた家族とのバトルが始まるのですが・・・。

とにかく、家族の武術、そしてアクションが格好良いのです。お祖父ちゃんは達人というだけあって軽やかだし、お父さん、娘婿は鍛え抜かれた身体から繰り出す技が見事だし、役柄上少し肉付きを良くしなければならない伯父さんも決まっていました。
女性二人も武術の型の決めポーズや、宙返り、フラメンコのようなダンスとパキパキと動いています。

個人的には泥棒2に注目!
とにかく動きがコミカルなんです。
大きな身体で、皆に混じって走り込んできて、何のアクロバットもせずに消えて行くのですから、笑えます。

途中、観客参加コーナーがあって、「観客席の中に日本の武術の達人が紛れ込んでいる」と何人かを観客を引っ張り上げて遊ぼうということなんです。
ここでも素人をイジリまくりで、フェイントかけられたりします。
僕は、「おぉ、何と!こんなところに」と指をさされ、「めべぇ」と思ったら、「×××が観に来てる!やっぱりイケメンねぇ」とオチに使われてしまいました。
武術対決なので、一応、運動神経の良さそうな人(男・女問わず)を選んでいたようです。

終演後は、出演者とのサイン会に突入。パンフレット(1,000円)を購入した人のみ参加で、写真撮影もOK。カメラ持って来れば良かった!

まずは、お祖父ちゃんが「オォッ」って言うので、「チョヌン オヌル××スムニダ(私は今日の××です)」と言ったら、笑ってくれました。
泥棒2の役者さんに「スゴハッショスムニダ(お疲れ様でした)」と声を掛けたら、「オォ、アリガトウゴザイマス」だって、使ってる言葉がお互いに逆ですよね。

とにかく楽しい90分。ステージと観客の距離が異常に近い舞台でした。

このノリ、韓国っぽくて好きだな。

先月行った釜山でも、街中にポスターが貼られていました(左上の写真がそれ)が、機会があったら、ソウルの専用シアターでも観てみたいな!

|

« 『Watch with me~卒業写真~』(舞台挨拶付き)鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『俺は、君のためにこそ死ににいく』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6713919

この記事へのトラックバック一覧です: 【舞台鑑賞】コミック・マーシャル・アーツ・パフォーマンス『JUMP』:

« 『Watch with me~卒業写真~』(舞台挨拶付き)鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『俺は、君のためにこそ死ににいく』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »