« Live! 松たか子『tour 2007 “I Cherish You”』@中野サンプラザ | トップページ | 【舞台鑑賞】『ハイスクール・ミュージカル ON STAGE』 »

『ゾディアック』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Zodiacデビッド・フィンチャー監督の最新作ということで、過度な期待感を持ち過ぎていたのだと思う。

スタイリッシュな映像や、暗号解読に没頭するサスペンスなストーリー展開・・・。

しかし、そこには1969年以降に実際にサンフランシスコ周辺で発生した猟奇的殺人事件を追い続ける男たちの物語が、奇抜なトリックや演出なしに、ただただ真摯に映し出されていた。

現実のストーリーだけに、ドラマティックな展開には乏しく、2時間半という時間が長いと感じる時間帯もなかったわけではないのですが、監督なりの一つの回答(犯人像)を持って描き出す物語は興味深く、これはこれで面白かったです。

70年代に発生した未解決事件ということで、韓国のポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』(←大好きで、5回以上観ている)に似ている印象を受けました。
多分、好きなジャンルに入るのだと思います。

1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人事件が頻発し、彼は手がけた殺人の詳細と暗号文を、新聞社に手紙で送りつけてくる。彼を捕らえるべく、手紙を受け取ったサンフランシスコ・クロニクル紙の敏腕記者エイブリー、サンフランシスコ市警の2人の刑事が調査を進める。そして、エイブリーの同僚の風刺漫画家グレイスミスは、暗号解読に燃え、事件に並々ならぬ関心を寄せる・・・。

最近続けて観ているロバート・ダウニーJrの演技は渋かった。正直、中盤に彼の演じるエイブリーのスクープを狙った調査や、マーク・ラファロ、アンソニー・エドワーズ演じる刑事たちの捜査は、あまりに普通の話なのでアレレと思いましたし、関係者の証言、嘘の情報などが入り混じり、物語に付いて行くだけで疲れました。

が、ジェイク・ギレンホール演じるグレイスミスが、傍観者的な立場から事件をルポにまとめるために調査に没頭し、事件の真相に迫っていく後半部分は、非常に面白かったです。
それもそのはずで、実在するグレンスミス氏の事件ルポが原作になっているのですよね。
そして、その調査の過程というのは、映像化に当たり、事件を再度検証したフィンチャー監督自身の姿が投影されているのだと思いました。

冒頭の犯行シーンもショッキングですが、平凡な(でも少しオタクな)バツイチの青年が、何かにとり付かれたように一つの事に執着し、変化していく様も、異様な雰囲気を醸し出しているのではないでしょうか。

「デビッド・フィンチャー」というブランドがついてなければ、もっと素直に良かったと言えたかもしれません。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★)

|

« Live! 松たか子『tour 2007 “I Cherish You”』@中野サンプラザ | トップページ | 【舞台鑑賞】『ハイスクール・ミュージカル ON STAGE』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6825100

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゾディアック』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» デトロイトメタルシティ [デトロイトメタルシティ]
デトロイトメタルシティについてのブログです。少しでもお役に立てたらいいです。 [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 22時16分

« Live! 松たか子『tour 2007 “I Cherish You”』@中野サンプラザ | トップページ | 【舞台鑑賞】『ハイスクール・ミュージカル ON STAGE』 »