« 【舞台鑑賞】コミック・マーシャル・アーツ・パフォーマンス『JUMP』 | トップページ | 『ザ・シューター』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『俺は、君のためにこそ死ににいく』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Orekimiう~ん。

鳥濱トメさんをモデルにした特攻隊の映画って、これまでも何度かやっているので、正直目新しさを感じませんでした。

描かれるエピソードも、大好きな高倉健さんの『ホタル』ともダブっていましたし・・・。
朝鮮人の金山少尉の話も、ホタルになって帰還する河合軍曹の話も、好きなエピソードではあるのですが・・・。

日本人として、過去にこの日本で起きたことを知ることは大切だと思いますし、そう思うからこそ鑑賞したのですが、何だろう、このモヤモヤ感。
『パッチギ』を観た後だったので、戦争を美化するような作品に映ってしまったところは、多分にあるのですが・・・。

隊長となる中西少尉を演じるのは石原軍団の若きスター・徳重聡。正義感が強く優秀な軍人なのですが、隊長でありながら生き残ってしまったことに悩むというドラマが待っています。
この辺の掘り下げが浅いような気がしました。どうせ描くのであれば、戦後に描かれる中越典子さん演じる妻との確執などのエピソードをもう少し充実させて、人間の行為の愚かさとか、悲しみとかを表現して欲しかった。

窪塚洋介の演じた坂東勝次は、彼のために準備された役のような気がしました。
他の部隊の生き残りで死に場所を探しているような雰囲気は、最後の最後まで気障で格好つけすぎな印象がありました。
現代人から見たら、もう少し滑稽に、格好悪く描いても良かったのではないかなぁ。

その点、筒井道隆君が演じた田端少尉は、面白い役回りだったと思います。
あの状況下で戦争に批判的な発言をしていて、更には機体故障で何度も戻って来てしまい、「卑怯者」と呼ばれてしまう。
でも、あの戦死の仕方はズルイよなぁ。
中西少尉に「戦争」とか「生きること」とかを考えさせる人物なので、ああいう形にして、ラストで再登場させたのでしょうが、だからこそ、もっと生きて、自分の意に反してでも、本当に闘うべき何かと向き合って欲しかったんだよなぁ。

若い俳優たちの演技も、ラストの特攻シーンの迫力も、悪くはなかったのですが、全体的に見て、戦争映画としても、青春群像としても、何か物足りなさを感じてしまいました。

(満足度:★★★、オススメ度:★★★)

|

« 【舞台鑑賞】コミック・マーシャル・アーツ・パフォーマンス『JUMP』 | トップページ | 『ザ・シューター』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「俺は、君のためにこそ死にに行く」を3回見ました。
田端少尉の役柄ですが、数名の主な特攻隊の中でも特に印象に残る役でした。許婚の良子との神聖なラブシーン、中西に殴られたり、日本は負けるとつぶやいたり。
「田端少尉の戦死の仕方はずるいよな」とのことですがあの死に方も謎だらけだと思います。
映画を見た方のそれぞれの感じ方もあると思うので、死んだ理由は実際のところわかりません。
① 自分でエンジンを切って自殺した。
② 機体の整備不良で離陸してすぐに墜落。
③ 3度も帰還しているのでわざと見せしめのために機体  に細工をした。
さて真相はそれぞれの見方に任されていいのではないでしょうか。愛する人と幸せに生きたかったはず。そう思うと特攻隊として戦死した人たちがなんともお気の毒でなりません。辛かったかも知れませんが生き残れた方のほうがやっぱりまだ幸せでしょう。


投稿: ドライフラワー | 2007年6月11日 (月) 22時47分

戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。
ここが考えるスタートだと思う。

投稿: 田中 | 2007年6月13日 (水) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6577604

この記事へのトラックバック一覧です: 『俺は、君のためにこそ死ににいく』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» いつも使っている携帯で月5万〜10万ゲットしよう! [ホームページが作れなくてOK!何も考えずにマニュアル通りに作業をするだけで、初心者でも楽々月5〜10万円の不労所得が得られる最新携帯アフィリエイトノウハウ]
毎日なにげな〜く使っている携帯電話。毎日5分のラクラク作業で月に5万〜10万の収入になってしまうんです! [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 16時52分

» 映画 ラストラブ [映画情報ガイド]
映画 ラストラブは、 丸の内ピカデリー2ほか全国にて6月16日公開 映画 ラストラブのあらすじ・・・ NYでサックスプレイヤーとして活躍していた阿川明。 だが妻の急死をきっかけにジャズ界から姿を消した 1人娘の佐和と日本でひっそり暮らし ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 17時49分

« 【舞台鑑賞】コミック・マーシャル・アーツ・パフォーマンス『JUMP』 | トップページ | 『ザ・シューター』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »