« 『女帝~エンペラー~』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『アポカリプト』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『プレステージ』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Prestige冒頭から「この作品の結末は誰にも言わないでください」という監督のメッセージが流れます。
正直、書きづらいです。

19世紀末。ロンドンの人気奇術師「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャーは、脱出トリックの失敗で妻を亡くしてしまう。彼はその原因が同僚である「プロフェッサー」ことアルフレッド・ボーデンにあると考えていた。二人は互いにライバル心を燃やしながら、恨みの感情を抱いていく。
ある日、アンジャーの瞬間移動のイリュージョンの舞台裏で、彼の壮絶な死の瞬間を目撃したボーデンは、殺人の現行犯で収監されてしまうのだが・・・。

『Xメン』ヒュー・ジャックマンと『バットマン』クリスチャン・ベールの対決。個人的には生真面目さの中に猟奇性をある目という二面性(ここが「肝」です!)を演じたクリスチャン・ベールの方が気になりました。

二人に絡む、トリックのアシスタントの美女役のスカーレット・ヨハンソンは、中盤の男達の騙し合いの中心にいて魅力的なのですが、途中からフェイド・アウトするように影が薄くなってしまって残念でした。

前半は、アンジャーの死の場面から時間軸が、現在と二人の過去の確執を往ったり来たりするので、ストーリーについて行くのに必死になりましたが、慣れてしまえば「なるほど」という伏線が張り巡らされていることに気が付きます。
おかげで、ボーデンの人生を賭けたトリックは、結構早い段階で分かっちゃいました。

アンジャーのトリックは・・・奇想天外なミステリーなので、これはこれで有りなのでしょうね。
原作とかを知らずに真面目に観ていたので、「へぇ~、ほぉ~」と言う感じでした。
でも、宣伝に使われている「驚愕のラストシーン」ってほどのものでもなかったかな。

まぁ、騙されたと思って、観てみて下さい。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 『女帝~エンペラー~』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『アポカリプト』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6743867

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレステージ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 『女帝~エンペラー~』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『アポカリプト』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »