« 緑の詰め合わせ ~ Today is Father's Day. | トップページ | 『舞妓Haaaaan!!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『300(スリーハンドレッド)』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

300う~ん、正直キツかったです。
各国で興行成績を上げている理由が、僕には分かりませんでした。
しかし、やっぱり日本でも超満員でした。

同じ血肉飛び交う映像ながら、有名俳優を起用せず、原語に基づいたセリフで、ほとんどCGがなく撮られた『アポカリプト』とは対極にあり、その直後に観てしまったのが分が悪い理由でもあるのですが・・・。
メル・ギブソン監督が言うように、ギリシア人、ペルシア人が英語で会話するのは、違和感を感じてしまいました。

紀元前480年、ペルシアの軍隊が、ギリシアに宣戦布告してきた。スパルタの王・レオニダスは、呪術により派兵しないことを決めた議会に反し、彼のもとに集った300人の精鋭を率いて、100万人ものペルシア軍を迎え撃つことを決意する。数的に絶対不利な状況で、スパルタの戦士たちはペルシア軍の攻撃をかわすことが出来るのだろうか。

「スパルタ教育」の語源ともなった、弱い者を排除し、強い者だけを育成することで知られるスパルタ。でも、映画の中では、その背景とか理由とかは一切描かれていません。
とにかく、戦闘シーンばかりが目立っていました。
そして、ペルシア軍は火薬を使用した武器を使用したり、サイやゾウにまたがって移動したりして、かなり奇想天外な展開を見せてくれます。

これはストーリーではなく、映像を楽しむ映画だと思えば良いのでしょう。
CGによる画像はとにかくキレイですし、厚い胸板にボコボコ割れた腹筋を惜し気もなく披露する肉体美も見事です。

正直、主人公のレオニダス王に、旬の俳優とも言えるジョラルド・バトラーを持って来たのは狙い過ぎ、とも思いますが、格好良いのだから仕方ないか。
王自らがたった300人で100万人の大軍と交戦したからこそ、後に続く人物が出て来たって話で、理想的な王という描き方です。

逆の意味で、ドミニク・ウェストの演じたセロン議員は、こういう悪徳議員って実際にるんだろうなぁ・・・という感じで良かったです。
古今東西、時代と場所は違っても、人間することは同じの典型みたいなものですね。

別に無理して観なくても良いと思うけど、観るのだったら、DVDなんかじゃなく、映画館の大きなスクリーンで観て欲しい、と言ったところでしょうか。

(満足度:★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 緑の詰め合わせ ~ Today is Father's Day. | トップページ | 『舞妓Haaaaan!!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6744289

この記事へのトラックバック一覧です: 『300(スリーハンドレッド)』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 緑の詰め合わせ ~ Today is Father's Day. | トップページ | 『舞妓Haaaaan!!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »