« 『恋しくて』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『The RIDE - ハワイアン・ビーチ・ストーリー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『フライ・ダディ』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Flydady原作は金城一紀氏の小説で、V6岡田君&堤真一氏で映画化された作品の韓国版リメイクです。

こうして観ると、ストーリーがまとまっていたのは後攻めの利があったとは言え、元々の設定が韓国的だったのかもしれないな、と思いました。

高校生チャンピオンに娘を乱暴された中年サラリーマンが、復讐のために会社を休職して、ケンカのめっぽう強い高校生に鍛えてもらい、加害者に対戦を挑むという基本的な展開は一緒です。
公道でバスとの競争するエピソードもあるのですが、駅から新興住宅街への人影の無い道でのレースが、ソウルの街中を疾走するので、ポジャンマチャ(屋台の飲み屋)のオヤジなどギャラリーの反応もチョット面白かったです。

大きな違いと言えば、日本版の高校生が在日韓国人という設定で、同級生達との距離感というか異質感を漂わせていたのですが、その設定を使えない代わりに、トラウマを持った青年として中年サラリーマンとの関係を深めていきます。

タイトルの『ダディ』の意味が、広い意味での「おっさん」から、「父親」をイメージするようになっているところは、家族を大事にする韓国らしいところかなと思います。結構、良い感じでした。

師匠となる高校生を演じる美男子イ・ジュンギ目当ての観客がほとんどだと思います。7人相手の立ち回りとか意外な熱演を見せますが、ここではサラリーマンを演じた名バイプレーヤーのイ・ムンシクに注目したいです。
メタボ中年になるために普段の15kg増量でクランクインしたそうで、撮影の半月の間にストーリーのまんまに身体を絞り込んでいく、俳優魂にまず脱帽します。
小心者のサラリーマンが、娘を守れなかったことに落ち込み、一念発起してトレーニングに励む生真面目さを、どことなく間の抜けた幸せ感を漂わせていて絶妙でした。

日本版を好きな方や観た方は敢えて観ることもない内容かもしれませんが、アジアに興味がある方ならちょっとしたニュアンスの違いが楽しめるかもしれませんね。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★)

|

« 『恋しくて』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『The RIDE - ハワイアン・ビーチ・ストーリー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6245793

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライ・ダディ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 『恋しくて』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『The RIDE - ハワイアン・ビーチ・ストーリー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »