« Jリーグ第6節! 横浜FCvs鹿島@横浜・日産スタジアム | トップページ | 『檸檬のころ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『世界はときどき美しい』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Sekai劇場で8mm映画を観るなんて不思議な感覚でした。

“Cinema Poetry”と銘打つだけあって、単なる短編映画という感じでもなく、非常に詩的な映像が観られます。

性別も、年齢も異なる主人公たちのモノローグで進行する5つの物語。
ものすごく日常的な出来事をしゃべっているだけなのに、自然だったり、宇宙だったり、哲学だったり・・・と普遍的なものへと昇華させていっているようでした。

柄本明さんの第2話が印象的。大阪の酔っ払いの労働者の話なのですが、モノローグも段々とロレツがまわらなくなっていって、柄本さんの芸達者ぶりを感じられました。

その他、松田龍平君の恋人を妊娠させてしまうが父親になる実感のない天文所職員の第4話や、市川実日子さんの父の法事で久し振りに帰省したOLが母親の老いや孤独を思いやる第5話は、年代が近いだけに親近感を覚えました。

少々哲学的すぎるところはありましたが、“生”とか“死”と隣り合わせの日常を感じられる作品だったと思います。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« Jリーグ第6節! 横浜FCvs鹿島@横浜・日産スタジアム | トップページ | 『檸檬のころ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6115232

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界はときどき美しい』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 「世界はときどき美しい」日々は一瞬の連続、美しかったりそうで... [soramove]
「世界はときどき美しい」★★★ 松田龍平、市川実日子、松田美由紀、柄本明主演 御法川修監督、2004年 5つの短編 それぞれの物語につながりはないが どこかに自分が今も、もしくは かつて感じた「何か」を見つけるかもしれない。 肉体の衰えを感じ始めたヌー...... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 17時08分

» 電子交差点 [映画「世界はときどき美しい」 公式Blog]
映画 『世界はときどき美しい』 の監督・御法川修と、映画女優デビューを飾った片山瞳の交換ブログ。 ネット上で見つけた映画の感想を紹介させていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 13時08分

« Jリーグ第6節! 横浜FCvs鹿島@横浜・日産スタジアム | トップページ | 『檸檬のころ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »