« 『アルゼンチンババア』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『あかね空』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『ブラッド・ダイアモンド』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Daiamond12時間半近い時間が長いと感られないほど、充実した作品でした。

レオナルド・ ディカプリオが『ディパーデッド』ではなく、この作品で男優賞を獲得したのが、何となく分かりました。

アフリカ生まれの白人。幼い頃に両親を惨殺され、19歳で傭兵として戦闘に明け暮れるが、悪事にまみれたアフリカに嫌気が差し、ダイアモンドの密売人に転身する。
いつかアフリカの血に染まった赤い大地を脱出することを夢見る男・ダニー役には、ディカプリオよりも似つかわしい男優はいると思うのですが、それでも、このタフな男を野性味たっぷりに演じるディカプリオにはかつてのアイドル俳優の面影はなく、ディカプリオでなければなしえなかったドラマになっていました。

頑強な肉体故に、ダイアモンドの採掘所に収容され、100カラット相当のピンクダイアモンドを発見する漁師・ソロモン役のジャイモン・フンスーは、後でプロフィールを読むと多くの作品に出演されているのですが、この役のために出て来たのではないかと思うほどの俳優でした。奪われた家族を奪還すべく奔走する深い愛情は、時にダニーをピンチに陥れるのだけど、共に行動することで彼の頑なな心を動かし、ラストへと導く男の姿が格好良かったです。

Daiamond2そしてもう一人、ダニーと心を交わすことになるアメリカ人ジャーナリスト・マディ役はジェニファー・コネリー。この人もアイドル俳優だったのですよね。クールな瞳でスクープのためなら危険も顧みない完璧な女性記者が、心を閉ざした男と知り合い、次第に惹かれあう感情を、ノーメイクで泥だらけになりながらも、大人っぽく、本当に美しく演じていて、映画に安定感を出していたように思います。

ここ最近、アフリカ各地の紛争をテーマにした作品を何本か観ましたが、紛争自体が重い問題ですが、子供を誘拐しマインド・コントロールしてテロリストに育て上げるシーンは背筋がゾッとしました。貴重な鉱物資源であるダイアモンドを密売する人間がいて、テロリスト達の資金源となっているのですが、欧米先進国にはそれを購入する者がいて、私達も知らず知らずの内に戦争に加担する連鎖の一部なのかもしれないことを知る。
とりあえず、知ることが大事なのだと思いました。

こういう難しいテーマの作品を、ディカプリオのような俳優が出演することで広く知らしめることに意味があると思います。
忌々しい過去の象徴であるアフリカから逃げ出すことばかり考えていた男が、自分自身を見つめ、アフリカという現実(言い換えれば、自分自身)から逃げ出すことをやめるまでの過程を一緒に感じられるのではないでしょうか。
彼はエコカーのCMにも出ているように環境問題に関心を持っていて、その延長上に今回の映画もあるのかなと思います。

赤い大地に生きる人間達の葛藤や力強さを、いつもなら真新しい新宿バルト9のシートでゆっくりと観るのですが、どうしても大きなスクリーンで観たくて、新宿ミラノ1で堪能させていただきました。

うん、オススメです。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★☆)

|

« 『アルゼンチンババア』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『あかね空』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/6021324

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラッド・ダイアモンド』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

« 『アルゼンチンババア』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『あかね空』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »