« Live! BoA「アリーナツアー2007 Made In Twenty(20)」@横浜アリーナ | トップページ | 『バッテリー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『キトキト!』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Kitokito1シネカノンの作品って、結構、好きなのですが、この作品も好きな1本に入りました。

『パッチギ』、『フラガール』のスタッフが再結集とありますが、井筒監督作品で“押し掛け助手”をしていたという愛弟子・吉田康弘氏の初監督作品。師匠と同じ笑いあり、涙ありのサービス満点の展開で、シーンによってはまだまだ拙い部分もありましたが、とりあえずは合格点ではないでしょうか。

何より良い演技には定評のある俳優が揃っています。
特に、母親役の大竹しのぶさんが良かったです。天真爛漫で奇想天外、明るくて、強くて、子供達を育てるために苦労して出来る仕事は何でもこなす“スーパー智子さん”は、大竹さん以外は考えられない位、見事にハマっていました。
校長室で消火器をぶっ放したり、東京でパソコンをメチャクチャ値切ったり、新宿の街に絶対に誰も着ないような真っ赤なドレスで登場し、ホストクラブで暴れるわ、歌うわの大騒ぎ。それでも、憎めないのは大竹さんのキャラクター故。
かと言って、感情を100%注ぎ込んだ熱演でない、腹八分の丁度よい力の抜き方が、本当に上手い女優さんだと思いました。このハッチャケ振りは見逃したら勿体ないです。

主人公の悩める息子・優介役の石田卓也君。昨秋の『夜のピクニック』公開時のインタビューで、「優等生なのに、暴走族役を演じていたので、眉毛が細いんです」と話していたので、撮影はこちらの方が先だったようです。
『夜ピク』では、異母妹と同級生になってしまうという、どちらかと言うと陰のある優等生を繊細に演じていましたが、今回の高岡の暴走族(4人だけですが)で、高校を中退するまでのエピソードは、明るく、元気で、彼に合っていたような感じがします。
とりあえず上京してホストとして働きながら、少年から大人へと成長していくという姿は、一応は格好をつけているのだけど、将来像がはっきりしなくて、自分が何をやりたいのか分からない、という、この世代なら誰もが持っているもどかしい気持ちを、上手く表現していたと思います。

元ヤンキーで売れっ子キャバ嬢の姉・美咲役の平山あやさんと「子供の頃、お母ちゃんは不死身だと思っていた」と語るシーンは一番良いシーンなはずなのだけど、置かれている状況を考えると切羽詰った感じがしなかったのは残念でした。
どちらかと言うと優等生的イメージの平山あやさんの元ヤンは、割と様になっていたのではないでしょうか。贅沢を言えば、母娘なのですから、大竹さんのパワフルさの片鱗は欲しかったかな。

清純なイメージのある若手演技派の伊藤歩さんが、優作に恋してしまう風俗嬢を演じているのは意外でした。実年齢ではかなり年上の恋人になるはずですが、違和感は案外なかったのかなぁ。
最近良く出ている尾上寛之君のホストも意外ですが、優柔不断に付いて来ただけなのに、出世欲で鬼気迫る感じは石田君と対照的で面白かった。
女とギャンブルが大好きな祖父さん役の井川比佐志さん、パワフルな智子さんに恋をする堅物でチョット情けない男役の光石研さんが脇をガッチリ固めます。

ラストシーンでは、ファーストシーンの母子の会話や智子さんが上京した時のエピソードにつながるなど、何気ないシーンが伏線になっていて、ほのぼのした良い出来でした。
しかし、その他の伏線の張り方は、唐突だったり、逆に不自然なアップであからさまに示したり、エピソードのつなぎ方がおかしかったりもします。
それ以上に、今後に期待できる若手監督(27歳!)が出て来た、ということで許してしまいましょう。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« Live! BoA「アリーナツアー2007 Made In Twenty(20)」@横浜アリーナ | トップページ | 『バッテリー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/5819958

この記事へのトラックバック一覧です: 『キトキト!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 秋月まりん [秋月まりん]
秋月まりん☆特集 [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 00時06分

» 現役No1風俗嬢『美咲』が教える!超美形風俗嬢を次々と落としてしまう「悪魔のような口説き術」&私もイカされ過ぎて腰砕けになった「究極のエクスタシー術」 [インフォトップ]
現役No1風俗嬢『美咲』が教える!超美形風俗嬢を次々と落としてしまう「悪魔のような口説き術」&私もイカされ過ぎて腰砕けになった「究極のエクスタシー術」 [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 21時27分

» 【2007-57】キトキト! [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ちっちゃいころは、うっとうしくて、うるさくて 不死身だと思っとた母ちゃん。 だけど今はもう・・・会えない。 何があってもがあっても、 母ちゃんはボクらの味方だった。 ぶつかりあっても離れても、それでも家族はやっぱり家族 母ちゃんって、不死身....... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 20時34分

« Live! BoA「アリーナツアー2007 Made In Twenty(20)」@横浜アリーナ | トップページ | 『バッテリー』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »