« 『蟲師』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『キトキト!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

Live! BoA「アリーナツアー2007 Made In Twenty(20)」@横浜アリーナ

BoAのライブに行って来ました。昨年のライブハウス(SHIBUYA-AX、Zepp Tokyo)には行かなかったので、2年前の代々木以来になります。
本日はツアー初日ということでネタバレしないように注意して書き進めないといけませんね・・・。

BoAのライブの客層って面白くて、当然10代後半~20代前半の男女、特に女子が多いのですが、ちびっ子連れの家族とか、中年夫婦、それから30代のOLとかも結構います。
今回はセンター席(いわゆるアリーナなのですが、横浜アリーナは1階席をアリーナと呼ぶのでややこしい)が取れたのですが、僕らの周りは30代の兄さん連中が固まっていたので、かなり安心できました。
でもね、リズムの早い、ダンサブルな曲では拍手も動きも付いていけてない...微妙なノリになっていたような気も無きにしもあらずです。

初日ならでは、ということでは、イヤホンの受信機(?)が衣装のポケットから落ちて、慌ててしまったり、セットの撤収でスタッフがモロ見えだったりしたのですが、大きなアクシデントはなかったと思います。
足の怪我も完治して、ダンス曲では過激に動いていました。
実はリップシンクなのかなと思う場面もあったのです、例のマイクセットの装置を衣装に付ける時、一瞬だけ声が途切れたので「生」で歌っていたのが分かりました。以前に韓国で知り合った韓国人の女性は「あれだけ踊りながら、ライブで歌う韓国人歌手は初めて見ました」と感心していましたよ。

今回のツアーは新作「MADE IN TWENTY(20)」を引っ提げてのツアーなので、新作からの曲が中心なのですが、前作「OUTGROW」ではアリーナ級のツアーを組まなかったので、収録シングル曲を含めて何曲か採用されていました。
BoAの曲って、アップな曲でもスパニッシュ・ギターが入るような哀愁感の漂う曲が多いのですが、昨年リリースした『七色の明日』や『KEY OF HEART』のおかげで幅が広がり、ライブの盛り上げのポイントになっていました。
逆に、CDシングルとしては最大のヒット曲『VALENTI』は盛り上がるには盛り上がるのですが、微妙な曲順に出てきた感じがしました。

それから、最近思うのですが、バラードが上手くなりましたよね。いや、元から下手ではなかったのですが、以前は韓国人特有の熱唱系で、押しが強すぎた感じがしていたのです。でも、今日の『Winter Love』や結婚式でも歌われる初期の名曲なんかは、熱唱するところは熱唱しつつも、引きで欲しいところはソフトで女性らしい歌唱法に変わってきたな、と思いました。

衣装は、アンコールも含めたお着替えタイムは5回。舞台上での早着替え(上着の引き抜き)も含めると8パターンありました。
格好イイ感じのデザインで、ヘアもショートカットのウィッグを何パターンか付けていました。どれも似合っていましたが、アンコールに登場した、普段のロングにTシャツ姿もさり気なくオシャレで、捨て難いですね。

バラードに酔いしれ、アップテンポの曲に拍手&軽~くダンシン、そしてクラブ系の横揺れまで体感でき、非常に楽しめた夕べなのでした。

|

« 『蟲師』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『キトキト!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/5928031

この記事へのトラックバック一覧です: Live! BoA「アリーナツアー2007 Made In Twenty(20)」@横浜アリーナ:

» [日常]BoAライブ [Akinyan Blog]
久々に更新を再開したのに、書評しか書いていなかったので、日常を。 今日は大好きなBoAのアリーナツアー初日。 横浜アリーナまで行ってきました。 歌も好きだけど、何より顔が好き。 今までに3人に「BoAに似てる」(正確には「BoAを日本人ぽくした感じに似てる」)と 言われていたのですが、今日一緒に行った人にまで言われました…! お世辞でもいいです。本当にありがとうございます。似てないのに。。。 頑張って髪伸ばして、BoAみたいになろうと思います。 ライブはアリーナ席でと... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 01時06分

« 『蟲師』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『キトキト!』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »