« 『アンフェア the movie』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『許されざるもの』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

『世界最速のインディアン』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Indian実を言うと、この映画は“観に行きたいリスト”に入れていませんでした。
しかし、観た人達の評判が異常に良いことを知って、サービス・ディを狙っていたら、最終週になってしまいました。
(後で、別の映画館に移して、上映期間を延長することを知ったのですが・・・。)

ニュージーランドの小さな町から、世界最速のライダーになることを夢見て、アメリカのユタ州にあるボンヌヴァルにやってくる、バート・マンロー、63歳。この親父がメチャクチャ元気で、格好良い。
1960年代に実在した世界最速のジッちゃんライダーを、アンソニー・ホプキンスが生き生きと演じます。どうしてもレクター博士のイメージの強い彼ですが、そこはアカデミー賞俳優。“顔にしわがあっても心は18歳”の男を少年のような真っ直ぐな瞳で、小躍りしたり、恋したり、たまには狭心症の発作で苦しんだり・・・とにかく、上手い。

“夢を追わない人間は野菜と同じだ。”
“ボクシングを観てる奴はいろんなことを言うが、リングで 闘っている人間を褒めろ。”
心に響くセリフのオンパレード。
「老人が夢見たっていいじゃないか」って気持ちにさせられました。まさに男のロマンですね。

隣家のトム少年、郵便局に勤めるガールフレンド・フラン、地元の暴走族のヘッド、貨物船の船員、入国審査官、ホテルのフロント係のトランスジェンダー・ティナ、中古車販売店のメキシコ人店主、事故から助ける先住民族、農場に一人暮らしの未亡人・エイダ、ベトナムから一時帰国の兵士、レースに出場するジムやスタッフ、観戦者たち。
バートと出会う人たち全員が素晴らしい人たちで、始めは多少バカにしていたり、冷やかし半分でも、最後には協力してくれます。
“してくれる”、と言うよりも、バートの魅力に協力せずにはいられなくなるのでしょうね。
とにかく、チャーミングなジッちゃんですから。

バートが「夢を追うのが男のロマン」ならば、フランやエイダの熟女二人が見せる「老人が恋愛して何が悪い」という強気な感じが、「女のロマンは愛に決まってるでしょ」と言っているようで、対照的で面白いなぁ、と思いました。

上映館が限られてしまいますが、是非是非、観て欲しい。
オススメです。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★☆)

|

« 『アンフェア the movie』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『許されざるもの』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/5766231

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界最速のインディアン』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» ホテルランチバイキング、東京のおススメ♪ [ホテルランチバイキング、東京のおススメ♪]
ホテルランチバイキング、東京のおススメ♪ [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 21時39分

» 中古車買取情報 [中古車買取情報]
中古車買取情報 走行距離 中古車販売業者にとって在庫を多く抱えるのはスペース的にも財政的にも簡単ではない。一方購入予定者にとっても、どの業者にどのタイプの車があるか分からなければ、希望の車種・年式を探すのは困難である。これらの点で、双方に有益なのが中古車情報誌、および中古車情報検索用のウェブサイトである。 また、インターネットオークションに中古車販売業者が店頭で陳列している中古車を出品していることも多い。 wikiから引用... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 22時04分

» 自動車ディーラーの査定 [自動車ディーラーの査定]
自動車ディーラー 自動車ディーラー(カーディーラー、car dealership)とは、新車や中古車を小売する事業者(販売店)のことである。 中でも、自動車メーカー(または、その販売子会社等)と特約店契約を結んだ販売業者のことを指す。 販売だけでなく、点検整備などのサービスも提供する。 例えば日本の自動車雑誌などでは、メーカー系列に属する新車販売店の中古車部門で売られている中古車を「ディーラー系中古車」と呼び、メーカー系列に�... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 23時08分

« 『アンフェア the movie』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | 『許されざるもの』鑑賞(オススメ映画を紹介します) »