« 『さくらん』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Jリーグ第3節! 川崎vs横浜C@川崎・等々力競技場 »

『秒速5センチメートル』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

5cm新海誠監督の2年振りの新作アニメ。前作の『雲のむこう、約束の場所』が好きで、絶対に観ようと決めていました。

想いを寄せ合いながら、離れ離れになってしまった男女を、視点を変えながら、3つの短編でまとめた、全部で約1時間という小品です。
小品ながら内容は濃いので、侮ってはいけません。

まず、絵については、とにかく綺麗です。「秒速5cmで落下する」という桜(小田急戦の豪徳寺近辺)は1話と3話で印象的ですし、1話の大雪の中を走る両毛線も幻想的です。2話は種子島が舞台で、初秋の海と『雲のむこう・・・』にも通じる宇宙センターからのロケット打ち上げシーン、そして3話の夜の新宿高層ビル街は本当にリアル。毎日見ている場所が映画、しかもアニメとなって見られるのは不思議な感じがしました。

ストーリーも誰にでも当てはまりそうな恋物語。小学校卒業と同時に栃木県に引っ越してしまった彼女に大雪の中に会いに行く少年が主人公の第1話。子供にはどうすることも出来ない別れという事実、純粋な想い。普通に行ったら、たった2~3時間の距離なのに、子供には大きな隔たりで、しかも雪によってたどり着けないかもしれない、という緊迫観。中学生時代の不安定な感情を思い出させられます。

1話の最後に少年も種子島に転校するのですが、高校3年生になった少年に恋する地元の女子高生が2話の主役。急に波に乗れなくなったサーファーの彼女は、進路も決めていないが、それよりも友達以上恋人未満の少年に告白できないことに悩んでいる。少年の方はずっと栃木の彼女を想い続けているわけで、一緒にいると優しいけれど、自分ではない何かを見ていることに気付く切なさが、宇宙センターでの打ち上げ事業への盛り上がりに乗っていきます。最後に波に乗れた時は良かったね、という感じです。

最後の3話は、再び東京に戻り、社会人になった少年と栃木の少女のその後と、二人の想い出のシーン達が山崎まさよしの『one more time, one more chance』に乗って描かれていきます。いやぁ、名曲だなぁ、としみじみと再確認しました。新宿が舞台なのに歌詞では“桜木町で~”ですが、次のシーンは満開の桜(これも豪徳寺近辺)ですから許しましょう。

アニメはチョット・・・という方も、初恋の美しさと切なさと新しい一歩を踏み出す力を感じられるはず。1日5~6回の上映ですが、席は結構埋まっていました。(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« 『さくらん』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Jリーグ第3節! 川崎vs横浜C@川崎・等々力競技場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『さくらん』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | Jリーグ第3節! 川崎vs横浜C@川崎・等々力競技場 »