« 『王の男』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | LIVE! 大江千里 / "PAGODAPIA 2006" @ 東京グローブ座 »

『硫黄島からの手紙』鑑賞(オススメ映画を紹介します)

Iwojima正直、突っ込み所は多いのですが、それ以上に得る物の多い作品でした。クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作の後編、前作では姿を見せない不気味な存在だった日本兵の立場から見た、硫黄島の戦いです。

2006年の硫黄島で、戦場の発掘作業中に発見された、届けられることなく書かれた大量の手紙が、61年前に硫黄島で起きた真実を語り始める。

1944年6月、大宮で夫婦でパン屋を営む西郷は、娘の顔を見ることなく出征し、硫黄島で海岸に穴を掘る毎日。ふっと漏らした不満を上官に聞かれて、体罰を受けていたところに、本土から新しくやって来た指揮官・栗林中将に救われる。栗林はアメリカに留学経験のある軍人で、着任早々にこれまでの作戦を変更し、島中にトンネルを張り巡らした地下要塞を築き、アメリカ軍を迎え撃つ準備を進める。

1945年2月19日、ついにアメリカ軍が上陸作戦を開始する。死こそ名誉とされる戦争の真っ只中、栗林中将は兵士たちに「死ぬな」と命じるのだった。

ロサンゼルス・オリンピック馬術競技の金メダリストで戦場にあって国際人であり続けた「バロン西」こと西竹一中佐。栗林の奇策に反発し、軍人らしく玉砕を貫こうと死に場所を求める伊藤中尉。元・憲兵隊のエリートから一転、過酷な戦場に送り込まれた清水。まだ見ぬ娘を抱きしめるために生きて帰ると誓う西郷。そして彼らを指揮する栗林自身も軍人の前に子煩悩な家庭人であった。

多くの人がハリウッド・スターである渡辺謙さん、嵐の二宮和也君に注目しがちだと思います。謙さん演じる栗林の敵を熟知している故の苦悩とか、家族思い、特に、小さな娘に絵手紙をしたためる姿のさみしく、優し気なたたずまいは、さすがに上手い。しかしながら、栗林は指揮官なので、最終決戦まで戦場に出て行くことはありません。

物語の語り手・ニノ演じる西郷は、当時の日本人らしくない自我を持っていて、現代人ぽいかなと思いました。何も知識を持っていないアメリカの観客は、彼を通して物語を理解しなければならないので、ある意味では狙い通りなのかもしれません。逆に、軍人として死ぬことを求め、タイミングを逸してしまう伊藤中尉は非常に日本人的でした。『大和』と被るところもありますが、こういう殺気立った演技は中村獅童は上手いですよ。

そして、僕が最も印象に残ったのは、理想主義者であるが故に憲兵隊をクビになり、戦地にやって来て、アメリカ人を殺すことは何ともないと思っていた清水が、西中佐に「君はアメリカ人に会ったことがあるか」と問われて、捕虜に接することで、敵であるアメリカ人も自分と同じ人間であることを理解するシーンでした。加瀬亮は、いつもながらに繊細な演技を見せ、作品のテーマを体現する、ある意味で一番美味しい役だったと思いました。今回も加瀬君にやられましたね。

こうして観ると、『父親たちの星条旗』は、戦争におけるプロパガンダの恐怖、個人と国家の関係から反戦を訴え、『硫黄島からの手紙』では兵士たちの心の動きを追い、手紙から読み取れる家族への愛情で反戦を訴えていると思えました。時間軸を飛び交い、主人公は何も語りたがらない『星条旗』に比較して、非常にストレートで普遍的な作品と言えます。アメリカの映画賞で『星条旗』ではなく、こちらが受けているのは何となく分かるような気がします。

これは文句無く、観ておくべき作品でしょう。(☆☆☆☆☆)

|

« 『王の男』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | LIVE! 大江千里 / "PAGODAPIA 2006" @ 東京グローブ座 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/4583060

この記事へのトラックバック一覧です: 『硫黄島からの手紙』鑑賞(オススメ映画を紹介します) :

» 日本は硫黄島で2度負けた〜「硫黄島からの手紙」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。いや着目した瞬間があっただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 18時08分

» 手紙の季語  [手紙の季語]
手紙に季語を使ってみましょう♪季語すなわち時候の挨拶を入れることで、ぐっと手紙が引き締まります。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 23時25分

» 新婚夫婦のオーストラリアワーホリ日記。 [オーストラリアにワーホリした夫婦の日記]
結婚してオーストラリアにワーホリに行くという何とも無謀な計画を実行する、世界一のんきな夫婦の珍道中日記です。 [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 01時11分

« 『王の男』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | LIVE! 大江千里 / "PAGODAPIA 2006" @ 東京グローブ座 »