« 『トンマッコルへようこそ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | ラグビーW杯アジア最終予選壮行試合「日本vsオーストラリア首相XV」 »

オススメ映画を紹介します(11月・1)

Metro○地下鉄(メトロ)に乗って・・・実は余り期待していなかったのですね。見聞きしていた評判も、それほど高くなかったので。でも、結構良かったですよ。好きなタイプの作品でした。

堤さん、大沢さん、常盤さんの演技はある程度は予想していたのですが、岡本綾さんの演技が印象に残りました。こんなに素敵な女優さんになったのだなぁ、と関心しました。職場で不倫していて、淋しげで助けてあげたくて、でも芯は一本通っていて、実は誰より強い。物語が始まった直後から事実を知り、全てを受け入れ、結末を覚悟して決断する女性を見事に演じていました。

大沢さんは格好良いから、端から見ると我がままな老け役というのは多少無理があったかもしれませんが、不器用で、素直に表現できないけど、本当は愛に満ちた父親像には感動しました。

ところで、堤さん演じる主人公は43歳なのですが、オリンピックのあった昭和39年に中学生位なので、90年代の物語でないと計算が合わないのですが、普通に携帯電話を使っていたのですね。時代的にはポケベルでしょう?過去のシーンについては、ディテールにこだわった映像を作っていただけに、その部分が気になってしまいました。

それから、自分の父親の家族構成は知っているだろうし、半生記も読んだって言ってたじゃん、等と意外に突っ込み所も満載なのでした。(☆☆☆☆)

Rainbow○虹の女神・・・岩井俊二監督が自分以外の作品で初めてプロデュースした作品。大学の映画サークルを舞台にした切ないラブストーリーです。主演は市原隼人、上野樹里。

まず、市原君のドジで優柔不断な普通の男の子というのが良かったかな。いつもは極端に明るいとか、ヤンチャなヤツという役どころで「イッチー、力入りすぎ」というシーンが多く見られたと思うのですが、この作品に限ってはそういうシーンがなかったと思います。そして、コメディエンヌのイメージが強い上野樹里さんが、監督も、女優もこなすのに、恋愛には不器用な女の子を切なく演じていました。友達のストーカーという最悪な出会いをした男の子を少しずつ好きになっていく過程が自然に伝わってきました。

でも、必見なのは、二人の橋渡し役となる妹役の蒼井優ちゃんの演技の方ですね。生まれつきの盲目という設定で、役者として目の演技が出来ないというのは大変だと思うのですが、すごく自然だったし、セリフの言い回し一つとっても上手い。かといって、主役の二人を決して食っていないところがスゴイ。後でパンフのプロフィールを見て、実は彼女の方が年上だと言うことを知り、驚いてしまいました。

市原君にしても、優ちゃんにしても岩井作品を通して注目された役者さんでしたね。久し振りに過去の岩井作品を観たくなってしまいました。(☆☆☆☆)

Hariyo○ハリヨの夏・・・釜山映画祭で上映されていたりして、気になっていた作品なのですが、最終日に滑り込めました。京都に住む女子高生が、両親の離婚に悩み、アメリカ人男性と関係を持ち、妊娠、出産を経て成長していくドラマです。ハリヨというのはキレイな水にしか棲まない魚だそうです。

主人公を演じる於保佐代子さんの射抜くような真っ直ぐな目力が印象的です。17歳の傷つきやすく、自分を傷つける相手を許さない危うさが見事に出てました。カナヅチで深夜に学校のプールに侵入して泳ぎを習っているという設定で、最後に自分の力で鴨川を泳ぐことが出来るのですが、それが大人になったことの象徴だったりします。

もう一人、その誠実さ故に彼女を傷つけすれ違うことになる元カレ役の高良健吾君も良かったです。この後に出演した『M』で、東京国際映画賞の特別賞を受賞していたみたいですね。ちょっと気になる人リストに載せてみました。助演の風吹ジュンさん、柄本明さんの大人達も素晴らしい演技を見せてくれます。

女子高生の妊娠というと使い古されたテーマかもしれませんが、監督とほぼ同世代ということもあって、感覚的に理解できるものを感じた作品でした。(☆☆☆☆)

Dragon○ドラゴン・スクワット・・・台湾のアイドルグループ・F4のヴァネス・ウー、『インファナル・アフェア』シリーズのショーン・ユー主演の香港ノワール。『Gメン'75』のオマージュ作品とも言われています。香港映画と言うのを離れて、普通に面白かったです。

国際警察と国際犯罪グループの対決なのですが、色々な拳銃が出てくるガン・ファイト、カーチェイスの迫力は見事です。そして、僕的には『燃えよデブゴン』サモ・ハン(・キンポー)のアクションが見られる、しかも全く衰えていないことが、非常に懐かしく、嬉しかったです。また、国際犯罪グループに、韓国のホ・ジュノ氏や、『miⅢ』に出演したマギーQが参加しているのも結構贅沢でした。

ヴァネスとショーンも見せ場はあるのですが、もう少し活躍しても良かったかもしれませんね。パート2とか出来るならば、期待しましょう。(☆☆☆☆)

|

« 『トンマッコルへようこそ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | ラグビーW杯アジア最終予選壮行試合「日本vsオーストラリア首相XV」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/4065534

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ映画を紹介します(11月・1) :

» 不倫の心得のブログです [不倫の心得]
不倫の心得のブログです。不倫の掟について書いています。 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 12時32分

« 『トンマッコルへようこそ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | ラグビーW杯アジア最終予選壮行試合「日本vsオーストラリア首相XV」 »