« 第7回東京フィルメックス(第2日目) | トップページ | サッカーU21日韓交流戦・TV観戦 »

第7回東京フィルメックス(第3日目)

会社帰りに夜19時からの『エレクション2』を鑑賞しました。

Election2○エレクション2・・・前作から2年後の会長選挙をめぐり、海賊版DVDの販売で実業家として成功したジミー(ルイス・クー)と、子分を「会長に推すから、ジミーを潰せ」とけしかけ、自身は組織のしきたりを破り再選をもくろむ現会長のロク(サイモン・ヤン)の対立。商売のために組織に所属していたジミーは権力には興味はなかったが、公安刑事との取引で、中国・深センでの商売の利権を獲得するために、会長選に出馬することになるのだが・・・。

前作で生き残ったマフィア達の物語なので、人間関係を理解していた分だけ悩まずにすんなりと物語に入っていけました。基本シリアスですが、前作のパロディシーンも随所に見受けられ、バイオレンスシーンも前作よりも少なめで、見やすく感じました。いないと思いますが、パート2だけ観た人には厳しいかもしれませんが・・・。

中国の役人とマフィアの関係とか興味深かったし、マフィアに属しながら「生まれてくる子供には医者か弁護士にしたい」と語るジミー、マフィアの子供として生まれながら父親の悪事を目撃したために心を閉ざし、学校ではマフィアの息子であることは秘密なのですが、不良少年にいじめられているロクの息子、など現代的な要素が入っているのも印象深かったです。

しかし、あれだけ「黒社会はイヤだ」と言いながら、人間ミンチなど陰惨なことが出来るなんて、人間って怖いなぁ、と思いました。

|

« 第7回東京フィルメックス(第2日目) | トップページ | サッカーU21日韓交流戦・TV観戦 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/4257824

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回東京フィルメックス(第3日目) :

» 「エレクション2」 [電影備忘録 -CINEMA MEMORIES-]
2006年香港原題:黒社会/収和爲貴 Election2監督:杜琪峯(ジョニー・ [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 00時03分

« 第7回東京フィルメックス(第2日目) | トップページ | サッカーU21日韓交流戦・TV観戦 »