« 『スケバン刑事 コードネーム:麻宮サキ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | トップリーグ第5節!サントリーvsセコム@秩父宮ラグビー場 »

気になるドラマ 『アンフェアSP』

Unfair昨夜は今年の1月期に放映されたドラマ『アンフェア』のスペシャルが放映されました。

かつてはドラマと言えば『月9』でしたが、最近は『N'sあおい』や『結婚できない男』など火曜ドラマが面白く、この『アンフェア』は今年放映されたドラマの中では最も好きな作品と言えます。すでに来春の映画化も決定し、映画に続くストーリーになっています。

ドラマが始まる前に原作『推理小説』を読んでいたので、ものすごく期待して観ていたら、3話目位で原作のエピソードが終了してしまったことに、まず驚きました。原作自体がそうだったのですが、登場人物の全てが犯人に思えるし、行動やセリフの一つ一つが次への(或いは、次の次への)伏線になっているのも面白いです。

一連の連続殺人事件の黒幕であったパートナーの安藤(瑛太)を射殺して9ヶ月が経ち、雪平夏見(篠原涼子)は抜け殻のような日々を過ごしている。そこに警察幹部OB連続殺人事件が発生し、雪平に公安警察(江口洋介)が接近してくる。ドラマの最終話にも登場する安藤の遺したビデオメッセージには続きがあり、雪平が警官になるきっかけとなった父親は公安に所属していたことがあり、公安関係者に殺害された可能性があることを伝えていた。いつもの強引な捜査の中で、公安のサーバーに隠されていた「Y's File」が事件の謎を解く鍵となっていることが分かってくる。

いつもの通り、様々な伏線と思われる行動やセリフを散りばめつつ、イニシャルが「Y」の人物の行動を怪しく描き、ストーリーは進みます。

しかしながら、スペシャルだけに限って言えば、犯人、ファイルの意味と暗号は、最初から予想した通りの展開でした。全ては映画のための伏線と考えるのは深読みのしすぎなのでしょうか?

エンドロールの後、雪平の娘の誘拐犯で「×マーク殺人事件」の際に、脳障害で立ち上がれないはずの蓮見(濱田マリ)が復活。新たな事件が始まる予感。

普段は熱いイイ人を演じることの多い江口洋介が、新キャラとなるクールで少しダーティな公安警察官を演じていて、彼は善なのか、悪なのか、興味深い。

映画が楽しみです!!

|

« 『スケバン刑事 コードネーム:麻宮サキ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | トップリーグ第5節!サントリーvsセコム@秩父宮ラグビー場 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/3708653

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるドラマ 『アンフェアSP』:

» 瑛太 [瑛太]
瑛太に大注目でしょ!ぶっちゃけすごく演技が上手です。CMにドラマ、その活躍ぶりは目を見張るものがあります。それは他でもない瑛太だからですね。ドラマで瑛太をみると心が落ち着きます。ありえないくらいのかっこよさを発揮してます。見ない理由がありませんよね。毎日瑛太を見ても飽きないでしょうね。瑛太を知るために雑誌を隅々までみました。人気なのがよくわかります。毎日瑛太のことを想っています。そんな感じです。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 22時39分

» 「アンフェア」(第1回) [ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。]
「アンフェア」第1話1月10日(火)オンエア分:★★★と半分酔っ払いながら見ちゃったので、記憶がその・・断片的なのでございます(幕開け早々、テキトーで申し訳ない・・)。でも、まあまあ面白かった・・よね?(モジモジ・・)勝手に一話完結の推理モノだと思...... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 15時00分

« 『スケバン刑事 コードネーム:麻宮サキ』鑑賞(オススメ映画を紹介します) | トップページ | トップリーグ第5節!サントリーvsセコム@秩父宮ラグビー場 »