« 京都への旅~寺めぐり編~ | トップページ | 京都への旅~写真編~ »

京都への旅~グルメ編~

基本的には貧乏旅行派なのですが、今回はチョットだけグルメして来ました。

Img_1044・天丼と小うどんセット・・・「京都で何を食べたい?」パート1。まずは「京風うどん」ということで、京都駅を降りてすぐに向かったのは七条の「丸福」さん。透き通った汁のうどんもいけていましたが、自慢の天丼は海老1尾と野菜天がいっぱい乗っかっていて、美味しかったです。でも、サービスの天カスがスープに入れてもサクサクするのが一番のお気に入りだったかも。これで880円は安いですよね。

Img_1064・白玉ミルク宇治金時・・・ホテルのある五条から阪急電車の河原町駅まで歩いたのですが、「盆地はやはり蒸し暑いなぁ!」と思ったところにあったのが「弥次喜多」という甘味処でした。この宇治金時、写真では大きさが良く分からないのですが、デカイです。出てきた時は「食べられるのか、俺!(オダジョー風)」と思いましたが、それほど甘くなかったので、食べられました。見えませんが、金時(餡子)は氷の下に敷いてあります。白玉も冷えていていい感じの硬さになっていました。オヤツに940円はチョット痛かったけど、満足でした。「お茶!!」って感じで、大人のスイーツでしたね。

Img_1079Img_1078・湯葉豆腐天ぷらと穴子天ぷら蕎麦・・・試合が終わって、市街地に戻ってきたのが21時30分を過ぎていました。先斗町に行けば、朝までやっているバーはいくらでもありそうでしたが、「ちゃんと腹に入れたい!!」ということでホテルの近くに戻り、五条烏丸の「石臼挽き手打ち蕎麦の実」に入りました。京都で食べたいものパート2と言うことで、湯葉豆腐の天ぷらをオーダーしたのですが、芋(何芋だったのだろう?)に味噌を塗って湯葉で巻いたものが出てきました。抹茶塩で食べます。ビールにも焼酎にも合いました。そして、この店は蕎麦の店ということで、メインはやはり蕎麦。石臼で挽いた蕎麦の実は風味も歯ごたえも有って、メチャクチャ美味しかったです。お酒も飲んで、1人3,000円位でした。

・朝食ビュッフェ【番外編】・・・泊まったホテルは朝食が付いていました。お約束のビュッフェ・スタイルですが、僕はパンにベーコン、スクランブル・エッグというアメリカン・スタイルでまとめてみました。で、IBMの選手(多分、SHかSOの控えの選手)がいたので、どんな食事をしているのか観察(結構、ガン見)してみました。シリアルにミルクを注いで、フルーツの盛り合わせに、ヨーグルト、グレープフルーツジュースでした。非常に健康的ですが、バックス選手のスリムだけど強靭な肉体の素が理解できたような気がしました。

Img_1217・素麺定食・・・京都で食べたいものパート3は「ひつまぶし」だったのですが、入ろうと思った店に団体客が入っていくのが見えてしまい断念。駅ビルで素麺定食を食べました。口がすっかりウナギになっていたので、残念でしたが、結構豪華でした。これで1,580円。こうして改めて振り返ると、麺ばかり食べてますね、僕。

Img_1219・わらび餅セット・・・こちらも有名店に入りたかったのですが、時間がなく、それでも食べたい、ということになり、駅ビルの中の喫茶店で食べました。普通に美味しかったです。基本的に甘い物はそれ程好きではないのですが、わらび餅とか葛きりとかは割りと食べますね。抹茶とセットで550円でした。

|

« 京都への旅~寺めぐり編~ | トップページ | 京都への旅~写真編~ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/3414209

この記事へのトラックバック一覧です: 京都への旅~グルメ編~:

« 京都への旅~寺めぐり編~ | トップページ | 京都への旅~写真編~ »