« オススメ映画を紹介します(夏休み映画・2) | トップページ | オシム・ジャパン発表!! »

A3チャンピオンズカップ2006(1回戦)観戦

会社をフレックスで退出(朝に始業1時間前に業務を開始して、定時の1時間前に帰宅)して、A3チャンピオンズカップを観戦してきました。夏休みの平日17時のキックオフとあって、サッカー少年や親子連れが多かったです。もちろん、営業から直行しちゃいましたという感じのサラリーマン風のお仲間もいました。この日、国立競技場に集まった観客は11,000人だそうです。

Kaji1戦目がガンバ大阪vs大連実徳、2戦目がジェフ千葉vs蔚山現代でした。ガンバもジェフも、スタメンから外れているレギュラーメンバーが多かったです。ちびっ子達の巻選手や途中出場の加地選手に一生懸命声援を送っている姿を見ると「宮本も出してやれば良いのになぁ」と思ってしまいました。

Endoガンバにとっては、予選リーグで敗退してしまったアジアチャンピオンズリーグの屈辱をホームで晴らす大事な試合でした。今日もMF遠藤選手を中心に観てしまいましたが、左サイドの家長選手やFWの播戸選手、先制点を頭で決めたDF山口選手などバランスの良いチームだなと改めて思いました。前半は楽勝ムード、後半に反撃にあいましたが、3-2で逃げ切りました。

Lee1さて、注目は2試合目。アジアチャンピオンリーグで決勝リーグ進出を決めている蔚山現代は、韓国代表の顔とも言えるイ・チョンス選手の在籍するチームです。イ・チョンス、あのビックマウスぶりも含めて好きなんですよね。彼以外にも、柏でプレイしていたチェ・サンクがトップ下にいます。

Maki前半は、注目していたチェ・サンク、イ・チョンスが決めて、そのまま行くのかな、と思っていたら、終了間際に巻選手、羽生選手が決めてジェフが3-2で折り返しました。羽生選手のゴールをアシストした佐藤勇人選手も良いですね。今後、注目しようと思いました。

Lee2後半は、ジェフってスゴイなぁ、と思いました。Kリーグチャンピオンに対して負けていない、というか、走り勝ってました。このスタミナは取って付けたものではないし、オシム氏を代表監督に押し上げたものなのだな、と実感しました。ところが、ジェフの追加点はなし。蔚山もイ・チョンス選手が得意のFK、PKで得点することが出来ず、3-2で終了のホイッスルが響きました。倒れこむ蔚山の選手達が印象的でした。

東アジア3カ国のリーグチャンピンの対抗戦ということで注目は低いと思いますが、掘り出し物を拾ったというか、無理して観戦して良かった、とお得な気分で総武線に乗りました。

オシム監督も観戦していたようですが、どんなメンバーを選出するのか、4日の発表が楽しみです。(でも、トリニダード・トバコ戦には、ガンバとジェフからは無理なのかな・・・?)

|

« オススメ映画を紹介します(夏休み映画・2) | トップページ | オシム・ジャパン発表!! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/2925502

この記事へのトラックバック一覧です: A3チャンピオンズカップ2006(1回戦)観戦:

» 誰でも出来る仕事などない! [旅はつれづれ、虹への飛行]
鐔△修戝唎任盻侏茲觧纏槪笋迴州なんて言う。たいがいエリートづらしたやつから聞こえる。誰でも出来るように見えてデキないのが営業や。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 14時17分

« オススメ映画を紹介します(夏休み映画・2) | トップページ | オシム・ジャパン発表!! »