« 東伊豆に行ってきました。 | トップページ | オススメ映画を紹介します(夏休み映画・5) »

オススメ映画を紹介します(夏休み映画・4)

公開中の夏休み第2弾映画。お正月もそうですが、第2弾の方が面白かったりします。まずは全国公開版です。

Superman○スーパーマン・リターンズ・・・クリストファー・リーヴの第1作が78年だから、小1だったのですね。最後の作品からも20年振りの復活です。主役を引き継いだブランドン・ルースもイメージに合っていると思うし、今回の場合はケヴィン・スペイシーの怪演振りが見所かな。悪役を引き受けたことを驚きでしたが、非常にチャーミング(死語?)な悪役でした。20年間で映画の技術は確実に進歩しているわけで、かつてはいかにも合成しましたという飛行シーンも、自然に飛んでいるように見えてしまうのは時の流れを感じずにはいられませんでした。(☆☆☆☆)

Udon○UDON・・・「踊る大捜査線」シリーズで有名になった本広監督ですが、「サトラレ」、「スペース・トラベラーズ」、「サマータイムマシーンブルース」などシリーズ以外の作品も結構好きです。この作品、前半のタウン誌から讃岐うどんブームを巻き起こす過程の勢いは見事ですが、後半に入って家業のうどん屋がどうなるのかというストーリーは平凡だったかも。それでも、フジテレビ亀山P×本広作品の得意のリンクがたくさんあって、特に「サマータイムマシーンブルース」を2005年のベスト3に入れている僕としてはすごく楽しめました。(観てない人には「こいつら誰?」かも。)寺島進やアリキリ石井の「踊る」シリーズからのゲストも笑えます。(☆☆☆☆)

Rough○ラフ ROUGH・・・あだち充作品の中では「みゆき」や「タッチ」よりものめり込んだ作品なのですよね。連載期間がズバリ高校の3年間でしたから。正直、速水もこみちは圭介にしては格好良過ぎというのはあるのですが・・・。原作のサブキャラ達のエピソードだけを省いて、(小柳さんとか尾形君(格好良くなってましたね)のエピソードももう少し見たかったかもしれませんが、)圭介と亜美と中西の三角関係に絞ったのは見易かったかも。ラストは決着が分からない(でも容易に想像できる)終わり方の方が良かったかも。長澤まさみにはスマッシュヒット狙いではなくて、もっと大きな作品に出てもらいたいかな。「涙そうそう」に期待しましょう。(☆☆☆☆)

Sekachu○僕の、世界の中心は、君だ。・・・韓国版セカチューです。映画の韓国リメイクというよりも、原作を韓国の事情に合わせて再構築した作品として観た方が正解だと思います。僕は悪くないと思いましたが、ソン・ヘギョの女子高生にはやはり無理があったかなぁ・・・。おじいちゃんの恋も省略しなかったところは好感が持てました。都市部以外では土葬の習慣の残る韓国では、原作の遺骨泥棒は出来ないわけで、どうオチをつけるのか興味深かったです。(☆☆☆)

|

« 東伊豆に行ってきました。 | トップページ | オススメ映画を紹介します(夏休み映画・5) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/3265768

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ映画を紹介します(夏休み映画・4) :

« 東伊豆に行ってきました。 | トップページ | オススメ映画を紹介します(夏休み映画・5) »