« オススメ映画を紹介します(夏休み映画・1) | トップページ | 愛読書!「龍時 03-04」 »

井上芳雄コンサート@グローブ座

数週間前の読売新聞・夕刊にインタビュー記事が掲載されていて、大久保のグローブ座で10日間の公演をやると知った。井上君は「ミス・サイゴン」と「モーツァルト!」位しか観ていないのだが、ちょっと興味のある存在だった。自宅から10数分の距離なので、チケットが余っている日に、と思っていたら、初日の前から5~6番目の席が余っているというので、勢いでチケットを購入してしまった。

会場に行くまでは、どうせお姉サマ方で一杯なんだろうなぁ、目立つなぁ、とか思っていたのだが、初日と言うこともあって、関係者も多かったのか、僕の周りは男性率は高かったので、ホッと一安心。

コンサートは2部構成になっていて、1部はミュージカル、2部は内外のポップスを中心の選曲になっていた。

プロデュース&演奏にピアニストの島健さんが参加していて、Jazzっぽいアレンジが心地よい。すっごい昔の話なのだが、島健さんって、森高千里のミニアルバムのプロデュースをされていたことがあって、当時のモリタカと言えば「Jユーロの女王」みたいな感じだったのだけど、初夏っぽいボッサを披露し、それ以降、森高さんはアーティスト寄りになっていったように記憶している。

さて、井上君ですが、初日ということで多少ぎこちない部分もあったが、ミュージカル俳優ということで、歌い方がドラマティックというか、非常に表情がある。素直な好青年と言う感じのMCにも好感を持てた。2部の選曲も自分のセンスと近く、好きな歌が聴けたのも個人的には良かった。「皆さんの税金で勉強させてもらった成果をお見せします。でも、これしか弾けません。」とピアノの弾き語りもあり、本人は「リハーサルよりは上手く出来た」と上機嫌だった。

プログラムに洋楽曲の翻訳をされた作家との対談があって、「女性的な部分を感じたので、母性をテーマにした歌詞でも歌えるのかな、と思えた」というような部分があって、結構納得するものがあった。本人はMCで「自分は男ですので」と否定していたけれどね・・・。

終演後、人の流れと反対側の住宅街へと帰ったのであった。

|

« オススメ映画を紹介します(夏休み映画・1) | トップページ | 愛読書!「龍時 03-04」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/2780224

この記事へのトラックバック一覧です: 井上芳雄コンサート@グローブ座:

« オススメ映画を紹介します(夏休み映画・1) | トップページ | 愛読書!「龍時 03-04」 »