« ホッピー、あります!? | トップページ | オススメ映画を紹介します(夏休み映画・1) »

オススメ映画を紹介します(6月後半~)

書きそびれていた作品を一気に公開します。

Inside○インサイドマン・・・これ、かなり好きです。白昼堂々と銀行に立てこもった強盗団と彼らに翻弄される警察官を描きます。これまでも警察側、犯人側の思惑をそれぞれ描いた作品はあると思いますが、この作品ではネゴシエーターとして登場する弁護士の思惑が事件に絡み、更には本当の黒幕が見えてくると言う作りは見事でした。この弁護士を演じるのがジュディ・フォスターで、非常に優秀な弁護士ではあるが、物語の中では悪役とも言え、意外性があって面白しろいです。人質を犯人と同じ格好にすることで犯人を分からなくするという手口や、9・11以降に顕著に見られる人種差別という今日性も面白い作品でした。(☆☆☆☆)

Ashinaga○ふたつの恋と砂時計・・・いわゆる韓流俳優を起用しながら、韓流作品とは異なる肌触りのオーソドックスなラブストーリーは、名作「あしながおじさん」を大胆に脚色した作品です。これまでホラー、コメディ、時代劇と極端な役柄の多かったハ・ジウォンですが、こういう静かな演技も出来るのだな、と、今のように有名になる前に若くして助演女優賞を受賞したこともうなづける演技を見せます。とは言え、仁川からソウルに異動になり、社員の空き家を社宅として与えられることになった時点でストーリーが読めてしまいました。住人の自画像と思われる版画がポイントかな。(☆☆☆☆)

Chakushin○着信アリ Final・・・シリーズ物の宿命か、全く怖くなかったです。柴咲コウの一作目が一番怖かったかな。(あれは三池監督の力技的なところはありましたが。)それでも、堀北真希のダーティな演技と、メールの転送するというアイデアは良かったと思います。「2」は台湾、今回は韓国が舞台となりますが、「2」の台湾は悪の根源・美々子のルーツということで強引ながら理解できましたが、今回はなぜ韓国?美々子の復讐は何処に向かうの?と思ってしまいました。(☆☆☆)

Blacknight○ブラックナイト・・・「香港、日本、タイ。怖いのはどっちだ。」とのことでしたが、3つとも怖くなかったなぁ。上の「着信アリ」もなのですが、「リング」や「呪怨」以降のホラー映画って、ホラー以外の要素(ラブストーリーや親子愛)を織り込む度合いが増えていって、怖いだけじゃない作品になってしまっていると思います。日本編は表現が間接的なのでホラーっぽく出来ていますが、科学的には精神障害による殺人事件ですからね・・・。自己中心的な主人公の男女が自ら引き起こした悲劇が完結した後、生き残った女主人公の身に起こるラストシーンの不気味さ、霊の執念深さで香港編に1票かな。(☆☆☆)

|

« ホッピー、あります!? | トップページ | オススメ映画を紹介します(夏休み映画・1) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/2674024

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ映画を紹介します(6月後半~):

» ハ・ジウォン/ハ・ジウォン [アイドル玉手箱]
ハ・ジウォンの無料画像・サンプル動画がここにある!ハ・ジウォンのDVD,写真集の他、ホームページ、ブログ情報も満載 ハ・ジウォンに関してまるごと調べるなら今すぐアクセス! ハ・ジウォンの他にも人気アイドルの情報をまとめてみました ハ・ジウォンについての噂...... [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水) 01時39分

« ホッピー、あります!? | トップページ | オススメ映画を紹介します(夏休み映画・1) »