« オススメ映画を紹介します(6月/日本映画編) | トップページ | SAMURAI BLUE 2006 ~最終戦を終えて~ »

オススメ映画を紹介します(6月/外国映画編)

Hooligans○フーリガン・・・ワールドカップ開催中のナイスなタイミングでの公開です。英国プレミアリーグのサポーター(ファーム)同士の抗争に巻き込まれ加担していくアメリカ人をイライジャ・ウッドが演じます。メディアではリーダーを演じるチャーリー・ハナムがSEXYと評判ですが、イライジャの演じる主人公の成長物語として観ました。でも、本当のテーマは「家族」です。フーリガンという家族を得た主人公だったり、本当の家族間の絆だったりが描かれています。暴力的なシーンが多いですが、是非観てもらいたい1本です。(☆☆☆☆☆)

Jasmine○ジャスミンの花開く・・・チャン・ツィーが一人三役、三世代の母娘を演じる中国映画です。2年前の東京映画祭ではチケットが取れなかったので、やっと観ることが出来ました。チャン・ツィーとその母親(成長した娘)を演じるジョアン・チェンが見事です。反目し合う母娘も世代が変われば同じことを繰り返す、と言うのもポイントです。背景には戦争とか、文化大革命とか理解しづらいものもあるのですが、孫娘が強く生きていくと言うラストの笑顔が良かったです。孫娘の夫を演じるリィウ・イエ君は、「山の郵便配達」以来、注目している俳優ですが、今回の女にだらしない男も珍しい感じで面白かったです。最初、韓国のウォン・ビンに打診したが、「女を裏切る役でイメージが悪い」と断られたとか。(☆☆☆☆)

Spring○春の日のクマは好きですか・・・意味不明なタイトルですが、韓国映画です。村上春樹の小説の一説なのかな?主人公のペ・ドゥナが良いです。今回はタイトル同様、夢見がちな不思議なスーパー店員の役です。彼女もお母さんが舞台女優だけあって、どんな役でも消化してしまうのがスゴイです。図書館で見た美術書に書かれたメッセージを自分宛のラブレターと勘違いして、送り主を探すというストーリーで、ほのぼのとさせられます。(☆☆☆)

Poseidon○ポセイドン・・・海洋パニックアドベンチャーです。大ヒット中の「海猿」と公開時期が重なったのは痛かったかも。しかし、こちらは乗客の大半は海の底に消えますし、脱出を図る仲間達も一人、二人と脱落していきます。その中に消防官出身の元市長がいて、結婚に反対していた娘とその婚約者を救うと言った辺りは、非常にアメリカ的な父親像というのが見えたような気がします。さて、船の外に逃げられるのは、何人でしょうか・・・?(☆☆☆)

|

« オススメ映画を紹介します(6月/日本映画編) | トップページ | SAMURAI BLUE 2006 ~最終戦を終えて~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/2340752

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ映画を紹介します(6月/外国映画編):

» フーリガン/暴力の構造 [マダム・クニコの映画解体新書]
マッチョ礼賛、暴力、男同士の友情を描いた迫力満点のバイオレンス映画を、若くて美しいドイツ人の女性新人監督が作った。  リアリティのある美しい映像、説得力のあるスピーディーな展開。暴力について、深く考えさせられる秀作である。 フーリガン  私はサッカー観戦が大好き。だから、フーリガンにも興味津々。  Jリーグ開幕直前の1993年3月、仕事で女子サッカーの有力チームの取材をした。  そのチームには強�... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 14時53分

» ジャスミンの花開く/歴史のメタファー [マダム・クニコの映画解体新書]
 眼鏡をかけたチャン・ツィイーが、雷雨の中、路上で苦しみながら1人で出産する・・・。 延々と続く衝撃的なシーン。その迫真の演技には誰もが感動するだろう。 ジャスミンの花開く   観ながら、キェシロフスキ監督の遺稿による映画「美しき運命の傷痕」を思い浮かべていた。 共通点は、嫉妬により狂っていく女性の人生。  「ジャスミン・・・」は三世代の女性の、「美しき・・・」は三姉妹の、それぞれの生き... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 14時53分

« オススメ映画を紹介します(6月/日本映画編) | トップページ | SAMURAI BLUE 2006 ~最終戦を終えて~ »