« Public Viewing by スカパー @代々木体育館 | トップページ | オススメ映画を紹介します(6月/外国映画編) »

オススメ映画を紹介します(6月/日本映画編)

Hatsukoi○初恋・・・前にも書きましたが、予告編を観た時に元ちとせの主題歌に聞き惚れてしまいました。宮崎あおいってそれほど好きな女優さんではないのですが、彼女の上手さ、目線の一つ一つの配り方とか、を堪能できます。舞台になっている60年代、3億円事件は生まれる前の話ですが、当時の学生運動とか退廃的なムードが画面から伝わってきます。物語が現実的かどうかは別にして、女の子が好きになった男性のために犯罪に加担していく過程をリアルに描かれていたと思います。生き別れのお兄さん役の宮崎将さんって、本当のお兄さんだそうですね。(☆☆☆☆)

Hana○花よりもなほ・・・昨年の「東京タワー」以降、V6岡田君の映画が公開ラッシュですが、何となく分かります。派手さはないのだけど、バラエティ番組で見せるチョットとぼけた大阪人とは違う「俳優・岡田准一」がいました。宮沢りえの過去のある未亡人が良いです。本当に可愛かった少女時代から知っている世代としては、こういう淡い大人の純愛、恋心を表現できる女優さんになったのは嬉しく思います。常に怒っている田畑智子、子供のように純粋な心を持ったキム兄ぃもいい味出していました。時代劇だけど、それらしくないのが不思議です。(☆☆☆☆)

Taiyo○タイヨウのうた・・・それほど期待せずに観たのが良かったみたい。演技初挑戦のシンガーソングライターYuiの自然な演技、そして歌声。彼女のためというのもあるのでしょうが、今回は順撮りだったそうで、日常的な前半からドラマティックな展開の後半へ自然に感情移入が出来たのかもしれません。いつもは個性的な役の多い塚本高史の普通の高校生ぶりも、病魔に襲われる娘を優しく、暖かく見つめる岸谷五朗、麻木久仁子の夫婦が良い。前に色素性乾皮症のドキュメンタリーを見たことがあったので前知識があったのも助けになってはいると思います。「Good bye days」も良い曲です。(☆☆☆☆)

Deathnote○DEATH NOTE・前編・・・前にも書きましたが、僕は漫画を読みません。だから、この原作も「ジャンプで人気のある漫画」程度の認識しかありませんでした。でも、面白かったです。原作を知らないので、香椎由宇の演じる恋人がオリジナルキャラクターでも違和感がないし、むしろ物語にマッチしていました。後編もどうなるのでしょうか、楽しみです。チラシに「特別出演:中村獅童」とあって、何だろうと思っていたら、そういうことなのですね。(☆☆☆)

Trick○トリック劇場版2・・・期待通りで面白かったです。最初のシリーズから観続けた僕としては、意味もなく山田のルーツに迫るオドロオドロしい雰囲気が足りなかったかも。監督自身が「ファイナル?」と言うだけあって、偉大なるマンネリズムと言うか、集大成的なギャグの押収にはクスッとします。でも、それ故に少しさみしい感じがしたのも正直なところ。エンドロールの後、山田と上田の関係が上手くいくことをお祈りしています。(☆☆☆)

|

« Public Viewing by スカパー @代々木体育館 | トップページ | オススメ映画を紹介します(6月/外国映画編) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/2340534

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ映画を紹介します(6月/日本映画編):

» 超人気アイドル情報の家 [超人気アイドル情報の家]
超活躍中の芸能人のいろんな情報 [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 11時32分

« Public Viewing by スカパー @代々木体育館 | トップページ | オススメ映画を紹介します(6月/外国映画編) »