« フットサル日本代表vsブラジル代表 | トップページ | 「プロデューサーズ」 »

オススメの映画を紹介します

GW中はイタリア映画祭とかあったので、一般の映画はあまり観なかったのですが...。

Umizaru ・LIMIT OF LOVE 海猿 ・・・ 前作、ドラマと大輔の成長を観てきただけにFinalということで感慨深いものがありました。でも、(某一般新聞の映画解説にもありましたが、)正直ちょっとドラマを盛り上げすぎだよぉ~、という感は否めません。一難去ってまた一難という感じで、予告編にもあった環菜にプロポーズするところまでは感動できるのですが、その後のピンチに「おい、またかよ」と突っ込みを入れたくなってしまいました。それでもよく出来た映画ですよ。隣りで観ていた親子連れのいかにも付き添いのお母さんが「意外に面白かったじゃない」と言っていましたから。

Boku_02_1 ・ぼくを葬る ・・・ フランス映画です。主人公はゲイです。でもゲイであることは大した問題ではなく、ファッション業界で成功した写真家が癌で余命3ヶ月と宣告された後に、どう生きるか、死(生)とどう向き合うか、家族や恋人とどう別れるか、がテーマです。ですから、普通の男性として置き換えて観ることができます。(実際には、物語の終盤で「ゲイだからこそ」ともいえる選択をするのですが、そこが物語の本流ではありません。)末期癌ですので、かなり痛いはずなのですが、病気でツライという描写はほとんどなく、ラストの主人公の横顔が病人だということを忘れるような安堵な表情で印象的でした。

20060507  ・五月の恋 ・・・ 台湾映画です。渋谷でレイトショーのみの公開です。初日(昨日、6日)に行ったのですが、先着100名の烏龍茶プレゼント100_1258はgetしたのですが、先着50名に主演のチェン・ボーリンのブロマイドも配ったそうです。 また、初日ということで、中国からリウ・イーフェイさんという女優が来日、舞台挨拶がありました。中国本土ではチァン・ツィーに続くスターとして期待されているそうで、キレイな方でした。この夏には日本で歌手デビューするそうです。(何でもありだなぁ。)

さて、主演のチェン・ボーリンというと出演作が日本で相次いで公開されますが、先日公開された「the EYE 3」では、「これはホラーでも何でもない。ただのアイドル映画だ!!」とがっかりしたものですが、この作品はメールによるヴァーチャルな恋のキャッチーな部分と実際に出会ってから展開するオーソドックスで爽やかな恋の対比に、中国と台湾に横たわる過去の悲劇がうまく絡み、見ごたえがありました。全編に流れるメイディの歌もマッチしていて、レイトショーというのが勿体ないですね。(昼間に上映しても厳しいのでしょうが・・・。)

それから、標準語と台湾の北京語の違いがギャグになっている部分がありますが、台湾に行った時に感じたのは、僕が学校で習った標準語はカチッとしていて、台湾語は南方ということもあってダラ~ッというか、カワイイ印象を持っていました。もしかすると、だから通じたのかもしれないな、と今にしては思いました。

20060504 ・13歳の夏に僕は生まれた ・・・ 今月末公開のイタリア映画が映画祭で先行上映されました。作家性が強く、観終わった後に何を言いたかったのだろうか、ということを考えさせる映画が苦手な人にはオススメしません。観ているうちに疑問に思ったこと、そのまま突きつけられる形で突然にストップモーションになり、タイトルロールが流れ出します。でも、スゴク良いのです。何が良いって、主演の子供たちが最高です。主人公のサンドロの悲しげな眼、難民の青年ラドゥの射抜くような眼。答えは見つからなくとも、突きつけられた現実の重さを一緒に考えてみるのも、たまには良いのではないでしょうか。

・アンダーワールド エボリューション ・・・ 前作が評価が高かった吸血鬼モノの続編です。前作を観ていなかったので心配はありましたが、ことの発端を描いた導入部と途中にはさまれる前作のおさらい的な部分で大体は理解できました。「ブレイド」より親切かな。十分に楽しめましたよ。

今月は誕生月なもので、新宿トーア系4館はいつでも1,000円で観られるのです。上記の「アンダーワールド」とかちょっとマイナーなのが掛かっていることが多いのですが、「プロデューサーズ」はまだ観ていないので、ヒマな時に観に行きたいと思っています。

|

« フットサル日本代表vsブラジル代表 | トップページ | 「プロデューサーズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/1709059

この記事へのトラックバック一覧です: オススメの映画を紹介します:

« フットサル日本代表vsブラジル代表 | トップページ | 「プロデューサーズ」 »